映画新着情報 映画 Information

映画『生きてるだけで、愛。』 関根光才監督が、新人監督の登竜門「新藤兼人賞」銀賞受賞! 2018年11月27日(火曜日)

協同組合 日本映画製作者協会が、将来性のある新人監督と優秀なプロデューサーに贈る2018年度「新藤兼人賞」金賞・銀賞、プロデューサー賞の受賞者を決定!現在大ヒット上映中の映画『生きてるだけで、愛。』でメガホンをとった関根光才監督が、「新藤兼人賞」銀賞を受賞しました!

映画『生きてるだけで、愛。』は「異類婚姻譚」で第154回芥川賞を受賞、小説家・劇作家・演出家としてマルチに活躍する本谷有希子氏の、芥川賞・三島賞候補作となった同名傑作小説待望の映画化作品。

キャストには、主演の趣里さんをはじめ、菅田将暉さん、田中哲司さん、西田尚美さん、松重豊さん、石橋静河さん、織田梨沙さん、仲里依紗さんら実力派俳優が集結。すでに映画を観たお客様からは「趣里の壮絶な演技に心揺さぶられた」「間違いなく日本映画の新たなる傑作」などSNSを中心に絶賛の声が続出しています。

ikiai_sekinekantoku3.jpg


「新藤兼人賞」金賞・銀賞は、「この監督と組んで仕事をしてみたい」「今後この監督に映画を作らせてみたい」というプロデューサーの観点で選考を行う"日本で唯一の個性を持つ新人監督賞"です。

「今後の日本映画界を背負う人材を育てたい」という映画製作者達の思いから1996年に創設され、日本のインディペンデント映画の先駆者である故・新藤兼人監督を呼称にいただいた本賞は、今年で23回目。過去に本賞を受賞した是枝裕和監督、橋口亮輔監督、李相日監督、西川美和監督、佐々部清監督、土井裕泰監督、中村義洋監督、内田けんじ監督、森義隆監督、呉美保監督などの活躍から「現役プロデューサーによる新人発掘の目は間違いない」と、新人監督の登竜門として高く評価されるようになりました。

この度選考の対象となった、2017年12月から2018年11月に劇場公開された新人監督(長編処女作より3作品まで)の作品数は過去最多185作品に上り、厳正なる審査の結果、金賞に『鈴木家の嘘』野尻克己監督、銀賞に『生きてるだけで、愛。』関根光才監督が決定しました。授賞式は、12/7(金)に行われます。


「新藤兼人賞」金賞
野尻克己監督『鈴木家の嘘』

「新藤兼人賞」銀賞
関根光才監督『生きてるだけで、愛。』

「新藤兼人賞」プロデューサー賞
市橋浩治氏、上田慎一郎氏、豊島雅郎氏『カメラを止めるな!』

さらに本年度は、永年にわたり質の高い娯楽映画を作り続けている功績を称え、黒澤満氏に「日本映画製作者協会 特別賞」が贈られることが決定しました。


映画『生きてるだけで、愛。』2018年11月9日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー!


初の長編監督作で、優れた新人監督に贈られる「新藤兼人賞」銀賞を受賞した関根監督が描くエモーショナルなドラマ『生きてるだけで、愛。』を、ぜひ劇場で御覧ください!


ikia_P.jpg
©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会


今を懸命に生きる、不器用な男女ふたりの真っ直ぐでエモーショナルなラブストーリー
生きてるだけで、ほんと疲れる。鬱が招く過眠症のせいで引きこもり状態の寧子と、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れながら寧子との同棲を続けている津奈木。そこへ津奈木の元カノが現れたことから、寧子は外の世界と関わらざるを得なくなり、二人の関係にも変化が訪れるが......。

----------
映画『生きてるだけで、愛。
出演:趣里 菅田将暉 田中哲司 西田尚美/松重豊/石橋静河 織田梨沙/仲里依紗
監督・脚本:関根光才
原作:本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫刊)
製作幹事 :ハピネット スタイルジャム
企画・制作プロダクション:スタイルジャム
配給:クロックワークス
©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会


『生きてるだけで、愛。』関連ニュース

公開記念舞台挨拶の模様
エンディング・テーマMV解禁
完成披露上映会の模様
本予告&本ポスター解禁
レインダンス映画祭出品決定
場面写真一挙解禁
ティザ―ビジュアル&特報解禁


★現在公開中のその他の日活ラインナップもご期待下さい★

★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg

ピックアップサイト Pickup site