映画新着情報 映画 Information

映画『まく子』様々なジャンルで活躍中の個性豊かな<追加キャスト>解禁! 2018年11月09日(金曜日)

西加奈子氏が第152回直木賞受賞後の第一作目として書き下ろした小説「まく子」は、子どもと大人の狭間にいる思春期の成長物語として高い評価を受け、児童小説では異例の累計55,000部の売り上げを記録。そんな幅広い世代から愛される西氏の世界観を感動作として昇華させた映画『まく子』が、2019年3月テアトル新宿ほか全国公開されます。

本作は、かけがえのない思春期を生きる小学5年生の主人公・サトシの葛藤と、不思議な魅力をもつ美少女コズエとのせつない初恋を軸に、家族を愛しつつも浮気をしてしまう父親、それを知りながら明るくふるまう母親、道ならぬ恋をする若い女性、訳あり親子など、小さな町のどこか不器用な人々の姿を映し出し、かつて子どもだった大人たちへ「信じることや変化を恐れないこと、許すことの強さ」を教えてくれる《再生と感動》の物語です。

主人公・サトシ役は、2010年に映画デビューした中学3年生の山﨑光さん。山﨑さんは、本作で14歳にして初主演を務めます。重要な鍵を握る謎の転入生コズエ役を原作のイメージそのままに体現した13歳の新音(にのん)さんは、映画出演は本作が2作目。今後の活躍が期待される若手注目女優の一人です。

サトシの父・光一役は、主演作を収めたオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』が2週間限定公開ながら28万人超動員の大ヒットを記録するなど、役者として更なる活躍をみせる草彅剛さん。思春期の息子を温かく見守る母・明美役は、NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」で20年ぶりに朝ドラ出演された女優・須藤理彩さん。監督は、長編第一作『くじらのまち』がPFFアワード2012グランプリとジェムストーン賞をW受賞したほか海外映画祭でも高い評価を受け、国内外問わず注目を集める鶴岡慧子監督が務めます。


つみきみほさん、お笑いコンビ・しずる村上純さんら個性豊かな追加キャスト解禁!

主人公・サトシの実家の旅館で住込みの仲居として働くことになるコズエのオカアサン役は、不朽の名作『櫻の園』(中原俊監督)や西川美和監督のデビュー作『蛇イチゴ』(03)などに出演し、多くの映画ファンの心を捉える女優・つみきみほさん。つみきさんが演じるオカアサンとコズエは一見ワケあり親子に見えますが、彼女たちが抱える大きな秘密とはー。

つみきみほさんコメント
「つみきさんにぴったりの役がある」と言っていただき、電話で端的に役どころを聞き、「面白そう!やりたいです!」と即答しました。今まで演じたことのないキャラクター設定でしたので、現場に入っていろいろ考え、やれる限りやらせていただきました。娘役の新音ちゃんは可愛いだけでなく、スケール感があり、役にぴったりだなと思いました。共演出来て、楽しかったです!

makuko_tsuika-cast1.jpg
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)


大人なのに子供たちとばかり一緒にいる青年・ドノ役は、映画2作品目の出演となる、お笑いコンビ・しずるの村上純さん。サトシは、子供とばかり一緒にいるドノをバカにしていますが、コズエと出会い、そしてドノの"ある想い"を知ることで、今まで見てきた世界‐日常‐が少しずつ変化していきます。

しずる・村上純さんコメント
西さん原作、鶴岡さん監督の映画『まく子』はとても優しく柔らかい作品で、"まく"と言ったら"くだ"くらいしかない僕がこの世界にお邪魔させてもらえるなんて、未だに身に余る思いです。ドノ役の僕は子役の子たちとのシーンがほとんどだったんですが、役者青二才の僕を大人顔負けの演技で引っ張ってくれたのには思わず舌を巻いてしまいました。今から、劇場でフィルムが巻かれることが心より待ち遠しいです。

makuko_tsuika-cast2.jpg
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)


さらに映画『まく子』の世界を彩る人々として、サトシのクラス担任・小菅役に、舞台「No.9-不滅の旋律‐」(白井晃演出)に出演するなど宮本亜門氏や永井愛氏といった演劇界の重鎮たちの舞台で活躍する橋本淳さん。生徒たちを優しく見守る校長役に、テレビドラマやバラエティの活躍でお茶の間でも親しまれている俳優・小倉久寛さん。旅館のベテラン仲居キミエおばちゃん役に、演出家つかこうへい作品の黄金期を支えた一人で、大林宣彦監督作品の常連としても知られる、名匠からの信頼も厚い女優・根岸季衣さん。ドノと心を通わす不登校児の類役に、ミュージカル「黒執事」シエル・ファントムハイヴ役で一躍脚光を浴びた若手注目俳優の内川蓮生さんなど、個性あふれる実力派キャストが脇を固めています。

makuko_tsuika-cast3-4-5.jpg
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)


直木賞作家・西加奈子氏の傑作を、世界が注目する新たな才能・鶴岡慧子監督が豪華キャストで映画化した、現代を生きる大人たちへ贈る再生と感動の物語『まく子』に、ご期待ください!


映画『まく子』2019年3月 テアトル新宿ほか全国公開!


makuko_main.jpg
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)


物語
ひなびた温泉街の旅館の息子・サトシは、小学5年生。自分の身体の変化に悩み、女好きの父親に反感を抱いていた。ある日、美しい少女コズエが現れる。言動がどこか不思議な同い年のコズエは「ある星から来たの。」と信じがたい秘密をサトシに教えてくれるが――。枯葉や紙の花を楽しそうにまくコズエ。やがてサトシや町の人々みんなにまいたものとは...。

---------------
まく子
脚本・監督:鶴岡慧子
原作:西加奈子(「まく子」福音館書店刊) 
出演:山﨑光 新音 須藤理彩/草彅 剛       
配給・宣伝:日活
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)

makuko-chirashi1_ura.jpg
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)


映画『まく子』関連ニュース

特報完成
第1弾チラシ&場面写真解禁
映画化決定


★現在公開中のその他の日活ラインナップもご期待下さい★

★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg

ピックアップサイト Pickup site