映画新着情報 映画 Information

原作キャラクターを見事に再現!映画「ミスミソウ」主要キャストのビジュアル一挙解禁! 2018年02月02日(金曜日)

『ハイスコアガール』『でろでろ』などで知られる人気漫画家・押切蓮介氏の代表作にして"映像化不可能"と言われた伝説のコミック『ミスミソウ 完全版』を実写化し、4/7(土)より新宿バルト9ほか全国公開される映画「ミスミソウ」の主要キャストビジュアルが一挙公開されました!

本作は押切蓮介ファンの間でも1、2を争う人気作であり、ネット上の「トラウマ漫画」系まとめサイトや掲示板等では必ず名前が挙がるほど認知度が高く、さらに押切蓮介氏にとって"初"の実写化作品。

既に発表されている通り、壮絶なイジメを受ける主人公・野咲春花役に山田杏奈さん、春花が唯一心を開く相手役に清水尋也さん、いじめっこのボス・小黒妙子役に大谷凜香さんを迎え、少年少女を主人公としたクライムサスペンスの名手・内藤瑛亮監督が、雪に覆われた過疎の町で繰り広げられる凄惨な復讐劇、残酷で絶望的な物語に挑みます。


▼主人公・野咲春花役/山田杏奈さん

misumisou01_yamada_nozaki.jpg


▼主人公が唯一心を開く相手役・相場晄役/清水尋也さん

misumisou02_shimizu_aiba.jpg


▼いじめっこのボス・小黒妙子役/大谷凜香さん

misumisou03_ootani_oguro.jpg


東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(山田杏奈)は、壮絶なイジメを受けていた。同じく転校してきたクラスメイト相場晄(清水尋也)に唯一心を開き、彼を心の支えに必死に耐えてきたが、イジメは日に日にエスカレート。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽くす。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。


原作キャラクターを見事に再現!主人公のクラスメートや家族など主要キャスト10名のビジュアル一挙解禁!

情報解禁のたびSNS上で話題を呼び、ファンの中でも「誰があの役をやるのか?」と、期待が高まっている本作。原作キャラクターを見事に再現し、本作の世界観を広げる主要キャスト10名の姿を、名場面を納めたビジュアルとともにご覧ください。

【大津馬中学校3年1組クラスメート/教師】

▼クラスメートからいじめの標的にされていた佐山流美(さやまるみ)役を演じるのは、大塚れな(おおつかれな)さん。主な出演作は、NHK-BS「文豪ファミリア 家族は見た!~夫・山本五郎へそ曲がり先行状記~」康子役、TBS日曜劇場「天皇の料理番」秋山初江役など。

misumisou05_ootsuka_sayama.jpg


▼野咲春花を執拗にいじめるグループの一人・橘吉絵(たちばなよしえ)役を演じるのは、中田青渚(なかたせいな)さん。2014年「Sho-comi プリンセスオーディション 2014年」においてグランプリを受賞。映画『3月のライオン 後編』にてヒロインをいじめるクラスメイトを演じ、注目を集めています。

misumisou06_tanaka_tachibana.jpg


▼いじめグループの一人、加藤理佐子(かとうりさこ)役を演じるのは、紺野彩夏(こんのあやか)さん。2016年3月号から雑誌『Seventeen』の専属モデルとなり、2017年には『恋妻家宮本』で映画初出演。ドラマ出演はCX「37歳で医者になった僕~研修医純情物語~」、WOWOW連続ドラマW 東野圭吾「分身」など。

misumisou07_konno_katou.jpg


▼いじめグループの一人・三島ゆり(みしまゆり)役を演じるのは、櫻愛里紗(さくらありさ)さん。本作が映画初出演となり、少女劇団いとをかしの公演に第一回から第四回まで出演。J:COMチャンネルのバラエティ番組「私立輝女学園~KAGAJO.com~」に2014年4月から2015年3月まで出演。

misumisou08_sakura_mishiki.jpg


▼いじめグループの一人・久賀秀利(くがひでとし)役を演じるのは、遠藤健慎(えんどうけんしん)さん。映画『ホットロード』(2014年/三木孝浩監督)にて登坂広臣さん演じる春山洋志の弟役で出演。その後、数々の作品に出演。2017年にはKTV連続ドラマ「明日の約束」で不可解な死を遂げてしまう吉岡圭吾役で出演。重要な役どころを演じ注目を集めました。

misumisou09_endou_kuga.jpg


▼いじめグループの一人・真宮裕明(まみやひろあき)役を演じるのは、大友一生(おおともかずき)さん。映画では『通学電車 通学途中』などに出演し、新国立劇場にて上映された歌劇「カルメン」にも出演。また「CLOCK ZERO~終焉の一秒~ WatchOver」に2度の出演を果たしました。

misumisou10_ootomo_mamiya.jpg


▼いじめグループの一人・池川努(いけがわつとむ)役を演じるのは、遠藤真人(えんどうまこと)さん。2011年に「赤い霊柩車シリーズ」への出演をきっかけに、その独特の雰囲気で様々な映像作品に参加。映画『福福荘の福ちゃん』では、大島美幸(森三中)さん演じる福田辰男の幼少期を演じ、各所で高評価を得ました。

misumisou11_endou_ikegawa.jpg


▼野咲春花らが在籍する大津馬中学校3年1組の教師・南京子(みなみきょうこ)役を演じるのは、森田亜紀(もりたあき)さん。2012年、ホラー映画『へんげ』で初主演。コメディ映画『メイクルーム』でも主演を務め、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015年においてグランプリを受賞。

misumisou04_morita_minami.jpg


【春花の家族】

▼放火事件で全身火傷で重体となる、春花の妹・野咲祥子(のざきしょうこ)役を演じるのは、玉寄世奈(たまよりせな)さん。

misumisou13_tamayori_nozaki.jpg


▼野咲春花・祥子姉妹の祖父・野咲満雄(のざきみちお)役を演じるのは、寺田農(てらだみのり)さん。映画『肉弾』で主演を務め、第25回毎日映画コンクールで主演男優賞を受賞。その後、『セーラー服と機関銃』『ラブホテル』『帝都物語』など数々の作品に出演。また、ナレーター、TV、CM映画監督として幅広い分野で活躍中。

misumisou12_terada_nozaki.jpg


逃げ場のない小さな社会で起こりうる嫉妬、虐待、絶望など人間の負のエネルギーが溜め込まれている本作で、若き才能が花開きます!映画「ミスミソウ」に、ご期待ください!


映画「ミスミソウ」2018/4/7(土)新宿バルト9ほか全国公開!


ストーリー
東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(山田杏奈)は"部外者"として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(清水尋也)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だが、クラスの女王的存在、小黒妙子(大谷凜香)の取り巻きのイジメグループによる嫌がらせは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。春花の妹・祥子は大火傷を負いながらも助かったが、両親は命を落としてしまった。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。やがて事件の真相が露見することを恐れたイジメっ子達は春花に自殺するよう強要するが、それがきっかけとなって春花は事件の真相を知り、家族を奪ったイジメっ子達に己の命を賭けた凄惨な復讐を開始するのだが...。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか...。春花が選んだ道とは・・・。

---------------
映画「ミスミソウ
出演:山田杏奈 清水尋也
大谷凜香 / 大塚れな 中田青渚 紺野彩夏 櫻愛里紗 遠藤健慎 大友一生 遠藤真人 森田亜紀 / 戸田昌宏 片岡礼子 / 寺田農
監督:内藤瑛亮
原作:『ミスミソウ 完全版』(双葉社刊)
脚本:唯野未歩子
主題歌:タテタカコ「道程」(バップ)
制作プロダクション:レスパスフィルム
配給:ティ・ジョイ
製作:「ミスミソウ」製作委員会
2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/114分/R15+

missme_TP2.jpg
©押切蓮介/双葉社 ©2017「ミスミソウ」製作委員会


映画「ミスミソウ」関連ニュース

新キャスト発表
主人公の相手役&特報解禁
主演&公開日&ビジュアル解禁
実写映画化決定


★現在公開中のその他の日活ラインナップもご期待下さい★

★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg

ピックアップサイト Pickup site