色情妻 肉の誘惑
(しきじょうづま にくのゆうわく)
平和な人妻の肌を黒い淫風が撫でて過ぎた――
そのときから人妻は淫靡な夢幻の世界の虜となった!
うす気味悪い老婆の水晶占いで見透かされたSEXへの願望
監督
西村昭五郎
キャスト
松永てるほ 水城ゆう 渡辺とく子 坂本長利 丹古母鬼馬ニ 影山英俊 山田克明 十時じゅん 溝口拳 庄司三郎 小見山玉樹 佐藤了一 飯田紅子
脚本
桂千穂
音楽
月見里太一(=鏑木創)
その他スタッフ
撮影/前田米造 照明/熊谷秀夫 録音/福島信雅 美術/徳田博 編集/鈴木晄 助監督/高橋芳郎 
【解説】(公開当時のプレス資料より)
 女としてSEXへの感度が最高潮に達し、充実する二十八才のまさに熟れきった肉体は、働きざかりで出張勝ち、そして疲れ気味の夫に満たされていなかった。知性ある妻は、とても浮気までできない。しかし、SEXへの不満は、彼女を幻想的で、淫靡な凄まじい快感と刺激たっぷりの陶酔の世界に引きずり込むのだった。
 日劇ミュージックホールのトップスター・松永てるほがその踊りで鍛えた素晴らしい肢体とカンの良さを生かしての映画初主演で、恐怖におののきながらもその刺激にのめり込んでゆく人妻役に大胆に挑戦しています。
 監督は、ポルノの職人・西村昭五郎でその熟練したテクニシャンぶりを発揮して、今までに類を見ない不思議な衝撃で見る者の興奮を盛り上げています。
 その他の出演、水城ゆう、渡辺とく子。
製作国:日活
製作年:1976
公開年月日:1976/11/27
上映時間ほか:カラー/72分/ワイド・サイズ

ピックアップサイト Pickup site