哀愁のサーキット
(あいしゅうのさーきっと)
豊かな肢体が燃えるとき―――
   若者の歓喜が突っ走る!
SEXとスピードに賭けた男の愛欲ロマン!!
監督
村川透
キャスト
滝田和郎=峰岸隆之介 榊ナオミ=木山佳 洋子=槇摩耶 モデル=青山美代子 ダンサー=殿岡ハツエ 歌手=石川セリ(キャニオン) 劇団の女=絵沢萠子 哲也=日高悟郎 劇団の男=江角英明 レーシングチーム・チーフ=木島一郎 志賀正文 清水国雄 記者=浜口竜哉 オートバイの男=粟津號 ナオミのマネージャー=下馬二五七 アベックの女=小森道子 早川マキ 中野由美 美里かおり 矢藤昌宏 中平哲仟 氷室政司 谷口芳昭 アベックの男=影山英俊 佐藤了一 司会者=広瀬優
脚本
村川透 古屋和彦
音楽
樋口康雄 使用作品=キャニオンレコード 歌 石川セリ「海は女の涙」「鳥が逃げたわ」「GOOD MUSIC」「野の花は野の花は」「天使は朝日に笛を吹く」
その他スタッフ
企画/三浦朗 撮影/姫田真左久 照明/川島晴雄 録音/福島信雅 美術/菊川芳江 編集/井上親彌 助監督/中川好久 製作担当者/大鷲勝道 色彩計測/田村輝行 スクリプター/西川雄子 スチール/浅石靖 現像/東洋現像所
【解説】(公開当時のプレス資料より)
 秒速に命をかけるプロレーサーと、芸能界に生きる女歌手の悲恋。そこには運命の神のいたずらがあった。
 新曲「海は女の涙」は、海辺で、ふと、彼が囁いた言葉から生まれたのだった。
 朝やけの茜雲に映える渚。轟音で突っ走るスピードウェイの車。深夜の無謀レース。若者たちの奔放なセックス。
 スリル、スピード、サスペンス。現在の3Sを盛り込んだ日活ロマン・ポルノの新風篇。

製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1972
公開年月日:1972/12/27
上映時間ほか:カラー/80分/ワイド・サイズ/7巻/2198m

ピックアップサイト Pickup site