盛り場流し唄 新宿の女
(さかりばながしうたしんじゅくのおんな)
飲酒運転で人身事故を起した父が入獄し、多額の賠償金を背負ってホステスとなった娘を中心とする新宿の女の哀歓を描く。
監督
武田一成
キャスト
高橋礼子=山本陽子 本条沙知子=北林早苗 本条真理子=大信田礼子/月亭可朝 藤圭子=藤圭子(RCAビクター)/相原マサ=宮城千賀子 西川きよ子=冨士真奈美 波川透=藤竜也 舟木=木村功/村松正男=小松政夫 下村貞吉=内田稔 本条清一=山田禅二 古橋=弘松三郎 裁判長=雪丘恵介 大泉滉/大堀肇=山本勝 塚田公二=嶺田則夫 久保幸一 八代康二 青木伸子 平田ミドリ=西恵子 福田トヨ/相原奈々=隅田和世 原田千枝子 牧まさみ 橘田良江 中庸子 藤村ユカ=叶レナ 堂本ユカリ=大橋由香/長浜鉄平 青山=玉井謙介 浜口竜哉 大倉賢二 速水真二 秋田宏=藤田漸 中森晶三 中森貫太 刺青=河野光揚
脚本
山村英司 来栖三郎(=田中陽造、捧谷泰明、岡田裕のペンネーム)
音楽
鏑木創 
その他スタッフ
原作/川内康範 (「赤い血の恋」より) 撮影/萩原憲治 照明/松下文雄 録音/橋本文雄 美術/千葉和彦 編集/辻井正則 助監督/岡田裕 製作主任/福田慶治 スクリプター/白鳥あかね   
夜の新宿で、今日も流しの圭子が歌っている。大学生だった沙知子が、バーで働くことになったのは、父親が交通事故で重い懲罰刑を受け、巨額の借金をつくったからだ。新宿のネオン街の花になって、必死に父親の借金を返す日々の中、沙知子は、近くのバーで働くマネージャーの波川にほのかな恋心を抱いていた。そんなある日、沙知子は、店で舟木という実業家を紹介されるが、実は、舟木は沙知子の実家のある土地が近くハイウェイ用地になると知り、沙知子と土地の両方を手に入れようとして近づいてきたのだった。舟木の思惑を知った波川は沙知子を助けるべく行動を起こすのだったが…。
製作国:日本 製作:日活
配給:ダイニチ映配
製作年:1970
公開年月日:1970/5/30
上映時間ほか:カラー/86分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2371m
© 日活

ピックアップサイト Pickup site