嵐来たり去る
(あらしきたりさる)
正義と仁侠のかたまり、板前の英五郎に男性1石原裕次郎が扮して、粋な着流しで大暴れする波乱万丈の痛快大アクション
監督
舛田利雄
キャスト
富坂の英五郎=石原裕次郎 小春=浅丘ルリ子 八重=沢たまき 峰勇一郎=葉山良二 峰浩=藤竜也 お咲=東恵美子 峰時子=富永美沙子 峰千加子=井上清子(新人) 小松川伝蔵=青木義朗 七尾中佐=藤岡重慶 伊藤寿章 小松川子分末松=河野弘 榎木兵衛 紀原土耕 金貸しの男=柳瀬志郎 小松川子分小鉄=木島一郎 宮原徳平 市村博 小松川子分弥助=黒田剛 衣笠真寿男 煮方勇作=亀山靖博 神山勝 質屋の女将=堺美紀子 八代康二 英原穣二 脇坂千吉=久遠利三 荒井岩衛 島村謙二 水木京二 焼方善助=立川博 洗い方勝造=大庭
脚本
池上金男 星川清司
音楽
音楽/真鍋理一郎 主題歌=テイチクレコード「男の嵐」作詩 なかにし礼 作曲 木村勇 歌 石原裕次郎
その他スタッフ
原作/原案=富田常雄(報知新聞連載) 撮影/横山実 照明/藤林甲 録音/橋本文雄 美術/木村威夫 編集/井上親彌 助監督/小沢啓一 製作主任/甲斐浩 特殊撮影/日活特殊撮影部 色彩計測/山崎敏郎 東洋現像所
明治三十七年、日露戦争もいよいよ白熱化し、至るところで出征兵士の壮行会が開かれていた。峰謙吉の長男勇一郎も召集され、親友の英五郎に、弟の浩と妹の千加子のことを頼んで出征していく。英五郎は江戸一番といわれる板前、大友嘉助の弟子で、つい数年前まで、富坂の英五郎と異名をとり、やくざ仲間からも一目おかれる存在だったが、嘉助の娘で、柳橋の芸者小春を知って堅気になったのだった。そんな或る日、英五郎は、小松川一家の賭場に入りびたり、多額の借金を負っていた浩を知り、小松川一家の親分、伝蔵にサシの勝負を挑む。その賭けに勝利し、浩の借金のカタをつけるが、浩は父親の謙吉から勘当されてしまう。浩を連れて家に帰った英五郎は、そこに千加子の姿をみて驚く。親に無理矢理決められた政略結婚を嫌って家出してきたというのだ。英五郎は二人の面倒を見ることに決めるが、そんなところに一通の電報が届けられる。戦地に行った勇一郎の戦死の報だった。勇一郎の戦死を知った謙吉は、今までのことは水に流してくれと英五郎に頭を下げた。英五郎は家に戻って、そのことを伝えようとするが、小松川伝蔵が英五郎の留守に、小春、浩、千加子を人質として連れ出し、果し状を置いていっていた。英五郎の怒りは遂に爆発するのだった…。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1967
公開年月日:1967/5/3
上映時間ほか:カラー/99分/シネマスコープ・サイズ/9巻/2716m
© 日活

ロケ地

【東京都】台東区(浅草神社(三社様)(境内・拝殿前、社務所)、鳥越神社、屋形船、柳橋界隈)
【神奈川県】鎌倉市(鎌倉河岸)

ピックアップサイト Pickup site