青春の海
(せいしゅんのうみ)
日活青春オールスターで贈る魅惑大作。海辺の町に芽生えた、うら若い女教師とたくましい青年の愛-美しい姉妹と四人の兄弟の恋物語を描く。
監督
西村昭五郎
キャスト
三宅杏子=吉永小百合 山崎次郎=渡哲也 三宅千加=和泉雅子 山崎宏一=川地民夫 山崎潤=和田浩治 山崎明夫=山内賢 山崎源治=笠智衆 江川信子=高須賀夫至子 丸林女史=新井麗子 飲み屋のおかみさん=若原初子 校長=浜村純 江川タケシ=小倉一郎 ウェイトレスB=谷川玲子 待合室の老人=村田寿男 漁師3=伊豆見雄 男教師A=玉村駿太郎 漁師2=久松洪介 若い漁師1=晴海勇三 若い漁師2=桂小かん 漁師1=千代田弘 若い漁師3=石火矢哲郎 ウェイトレスA=西原泰江 男教師B=糸賀靖雄 山田禅二 宮崎準 堺美紀子 上村竜一 矢ノ目和男 水谷豊 山崎二郎 伊藤美智子 江戸富子 青柳直美 丹田利由子
脚本
三木克巳
音楽
黛敏郎 
その他スタッフ
原作/石坂洋次郎(「サルと空気銃」新潮社版) 撮影/姫田真佐久 照明/岩木保夫 録音/古山恒夫 美術/横尾嘉良 編集/辻井正則 助監督/藤田繁夫 製作主任/松吉信幸 スクリプター/桑原みどり
三宅杏子が東京から地方の中学校へ左遷されることになったとき、妹の千加はやっと勤めることができたデザインルームをやめてまで姉と一緒にいくといって杏子を困らせた。転勤の日、汽車で向かいの座席に座った一見やくざ風の青年が、無遠慮に杏子たちの間に足を投げ出し二人を辟易させたが、その青年も同じ駅で降りた。海辺の小さな漁師町にある学校で杏子を迎えた校長は、杏子の左遷理由が校長殴打事件と知り驚いたが、この行動派の女教師を学校で一番扱いにくいクラスの担任にした。そのクラスにはタケシというひねくれ者がいて、どの教師も手を焼いていたのだった。杏子たちの隣家の山崎歯科では、美しい姉妹の引越しに、男ばかりの兄弟は大喜び。さっそく二人を招待してもてなした。長男の宏一は若き歯科医。漁師をしている父親・源治の自慢の息子だ。次男の次郎は、東京にいる。三男の潤は真面目な工員、四男の明夫は料理学校に通い、亡き母親の代わりに食事一切を受け持っている。みんな明るい青年たちで、杏子と千加はすぐ打ちとけた。ところが楽しい招宴中に突然次郎が帰ってきて、父親の源治と口論。果ては潤と格斗にまで発展してしまった。杏子と千加は、次郎が転勤の日に汽車で会った例の男だったことに驚いた。次郎は東京でやくざになり、源治から勘当されていた。源治にとって宏一が名誉であると同時に、次郎の存在はそれ以上に不名誉だった…。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1966
公開年月日:1967/1/3
上映時間ほか:カラー/89分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2447m
© 日活

ロケ地

【静岡県】下田市(須崎、爪木崎、柿崎)

ピックアップサイト Pickup site