嵐を呼ぶ男
(あらしをよぶおとこ)
人気爆発の渡哲也がイキなドラマーに扮して、唄って、暴れて、ぐっと泣かせる、パンチと若さに溢れる痛快無類の娯楽アクション大作。
監督
舛田利雄
キャスト
国分正一=渡哲也 福島美弥=芦川いづみ/寺本比佐子=太田雅子 立花公子=橘和子(新人) 牧村亜矢=由美かおる 国分英次=藤竜也 チャーリー桜田=山田真二/国分貞子=山岡久乃 メリー・丘=殿岡ハツエ 福島慎介=杉江弘 佐野浅夫 ヒモの男=深江章喜 種田=弘松三郎 左京徹=内田稔/持永=藤岡重慶 バンドメンバー・長谷=杉良太郎 バンドメンバー・吉田=木下雅弘 柳瀬志郎 バンドメンバー・木村=杉山元 隣の店主=宮原徳平 木島一郎/鉄=榎木兵衛 緑川宏 島村謙二 久遠利三 二階堂郁夫 水木京三 柴田新三 バンドメンバー・原=亀山靖博/高橋明 村上和也 中平哲仟 本目雅昭 立川博 織田俊彦 浜口竜哉 瀬山孝司/ストリッパー=森みどり 渡辺節子 大谷木洋子 西原泰江 椿麻里 高緒弘志 根本義幸 田中滋 赤司健介/スターインタビュー司会者=前田武彦 広瀬優 石川恵一 レ・パピヨン ドラム指導=塩沢俊彦 振付=真田実、漆沢政子 技斗=渡井嘉久雄/一流ジャズシンガー=朝丘雪路 国分健作=宇野重吉
脚本
池上金男
音楽
音楽/伊部晴美 主題歌=クラウンレコード「嵐を呼ぶ男」歌 渡哲也 作詩 井上梅次 作曲 大森盛太郎 「世界でひとり」歌 渡哲也 作詩 星野哲郎 作曲 叶呟大 「ふりむいてもくれない」歌 朝丘雪路 作詩 青島幸男 作曲 小杉仁三
その他スタッフ
原作/井上梅次 撮影/萩原憲治 照明/森年男 録音/橋本文雄 美術/千葉一彦 編集/井上親彌 助監督/小沢啓一 製作主任/栗橋正利 スクリプター/内田絢子 演奏/猪股猛とウェストライナーズ 日野皓正 稲垣次郎 日野元彦 色彩計測/前田米造 現像/東洋現像所
色とりどりのネオンにかがやく大東京の歓楽街で人気を博すドラマーのチャーリー桜田は、女ながら切れ者のマネージャー美弥と恋人同士だったが、最近二人の仲は冷え切っていた。ある日、美弥は場末の劇場で、少々荒っぽいが不思議と人を惹き付けるスティックさばきをする若いドラマー・国分正一と出会う。その夜、テレビ放送の本番になっても現れないチャーリーの代役に、正一を抜擢する。若く新しい技法は注目され、正一はチャーリーの代わりに楽団の正式なドラマーとなった。一躍人気者になった正一を新聞、雑誌、テレビはあおりはじめ、チャーリーと正一のドラム合戦が行なわれることになる。ドラム合戦の前夜、酔った正一はチャーリーの用心棒と喧嘩し、右手をケガしてしまう。ドラム合戦当日、観客を前に二人は必死にドラムをたたき合うが、ケガの痛みに右手が利かなくなった正一は、いきなりマイクを掴むと歌い出した。その力強い歌は観客の心をつかみ、かくして新しく生まれた“歌うドラマー国分正一”は日本一となるが、正一の前には様々な障害が待ち受けていたのだった…。

1957年に石原裕次郎主演で大ヒットを放った日活娯楽編の最高大作『嵐を呼ぶ男』の再映画化!
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1966
公開年月日:1966/12/10
上映時間ほか:カラー/95分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2610m
© 日活

ロケ地

【東京都】中央区(銀座、時計塔(和光))/千代田区(丸の内劇場)/三鷹市(三鷹市公会堂)
【千葉県】船橋市(船橋サーキット)

ピックアップサイト Pickup site