春婦傳(春婦伝)
(しゅんぷでん)
外地で肉体を売る慰安婦たち。しかし彼女たちにも心はあった。好きな男に抱かれてみたい―。女の真実の絶叫を描破したショッキングドラマ。
監督
鈴木清順
キャスト
三上真吉=川地民夫 春美=野川由美子 成田中尉=玉川伊佐男 秋山憲兵軍曹=小沢昭一 友田寛市=杉山俊夫 堤見習士官=平田大三郎 百合子=石井富子 つゆ子=初井言栄 さち子=今井和子 八路軍政治部員=下元勉 牧田補助憲兵=高品格 町田日出吉=江角英明 みどり=松尾嘉代 八路軍軍医=木浦佑三 村木上等兵=野呂圭介 警乗の下士官=木島一郎 青山上等兵=木下雅弘 木村軍曹=藤岡重慶 宇野一等兵=加地健太郎 酒井一等兵=三井秀顕 中国の老人=宮原徳平 倉持曹長=河野弘 開拓農民=村田寿男 江見大佐=久松洪介 柴田中佐=長弘/大尉=島村謙二 兵隊乙=近江大介 兵隊丙=里実 番2=千代田弘 兵隊B=戸波志朗 安田上等兵=柴田新三 当番1=澄川透/八路軍兵=山口吉弘 岩手征四郎 田畑善彦 矢藤昌宏 兵隊A=高緒弘志 佐々木一等兵=立川博 溝口拳 憲兵司令=高橋明/高子=森みどり 坂巻祥子 西原泰江 さかえ=若葉めぐみ 深町真喜子 当兵隊甲=堀崎二郎 会田為久 教練指導=島村謙二
脚本
高岩肇
音楽
山本直純 
その他スタッフ
原作/田村泰次郎(角川文庫版、春陽堂文庫版、東方社刊) 撮影/永塚一栄 照明/高島正博 録音/片桐登司美 美術/木村威夫 編集/鈴木晄 助監督/葛生雅美 製作主任/園山蕃里 スクリプター/桑原みどり 特殊技術/金田啓治 
中国北部の大荒野を、慰安婦の一団を乗せたトラックが疾走していく。その中では、天津からやってきた春美がうつろな瞳を黄色い大空に向けていた。天津の売春婦宿で春美は友田という日本人を愛し抜いたが、その愛を裏切られた。春美は絶望を求め、この奥地の慰安所に志願したのだった。山間地にトラックがやって来た時、突如地雷が爆発し、待ち伏せた八路軍が急襲してきた。猛然と撃ち返す日本兵。その中の澄んだ瞳をした若い三上上等兵に、春美はふと心を惹かれ、すさみ果てた胸をやさしくゆすられるのだった。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1965
公開年月日:1965/2/27
上映時間ほか:モノクロ/96分/シネマスコープ・サイズ/9巻/2630m
© 日活

ピックアップサイト Pickup site