うず潮
(うずしお)
貧しい環境におかれながらも明るくたくましく生きる勝気な女。若き日の林芙美子を堂々演じて感動の嵐を呼ぶ吉永小百合の文芸超大作。
監督
斎藤武市
キャスト
林フミ子=吉永小百合 大杉光平=浜田光夫/佐々木二郎=山内賢 大杉次子=田代みどり 林ミノ=奈良岡朋子 真海=石山健二郎 林茂介=東野英治郎/池上教師=沢村貞子 宝生あやこ 郡田教師=堀恭子 二郎の兄=平田大三郎 山田禅二 二郎の父=嵯峨善兵/釣道具屋の主人=河上信夫 三崎千恵子 堺美紀子 梅林かつ三=相原巨典 おいちにの行商人=榎木兵衛 工場監督=八代康二 光沢でんすけ 男優=天坊準/警官=二木草之助 小野武雄 見合いの男=石丘伸吾 植頭実 小沢茂美 高橋賢次 高木秀代 佐藤幸江 水森久美子/佐々木すみ子 榎本登美子 吉田志津子 鷲尾美代子 高木美恵子 笠原恵美子 山中由美子 行商人の娘・ユカリ=林寛子 小沢直平 方言指導=立石日佐子/森教師=二谷英明 瀬川菊丸=藤村有弘 
脚本
田中澄江(「うず潮抄」青春出版社版)、小山崎公朗
音楽
音楽/小杉太一郎 主題歌=ビクターレコード「瀬戸のうず潮」作詩 佐伯孝夫 作曲 吉田正 唄 吉永小百合
その他スタッフ
原作/林芙美子(NHK連続テレビ小説 林芙美子作品集より) 撮影/岩佐一泉 照明/大西美津男 録音/古山恒夫 美術/坂口武玄 編集/近藤光雄 助監督/鍛冶昇 製作主任/松吉信幸 スクリプター/桑原みどり 色彩計測/小栗準之助  現像/東洋現像所
大正十一年一月末のある朝、尾道の町を生き生きした足取りで行く林フミ子は、県立尾道高等女学校の最上級生だ。母ミノと義父の茂介は、二人で質流れの呉服類の行商をしている。茂介は店を持ちたいと夢みていたが暮らしは貧しく、フミ子は登校前に決まって近くの小川に入り、晩のおかず用のシジミを取っていた。行商に来たミノから自慢の娘について聞いていた網元の次男坊・佐々木二郎は、そんなフミ子を見かけると、声をかけて採った魚を全部渡した。フミ子の学校は、海の見える丘の上にある。その日フミ子は、仲良しの同級生・大山のぶ江に「西光寺の境内で待っている」というつけ文のことで相談された。のぶ江と西光寺に行ったフミ子は、海を描いていた青年に非難の言葉を浴びせたが、青年は身に覚えがないと言う。真相は、尾道小町と言われるのぶ江を、絵葉書用に撮影したいという梅林かつえと名乗る写真屋が文を出したのだった。フミ子は、釣具屋の二階に間借りして注んでいる。茂介は遠くへ行商に行ったまま音沙汰がない。隣のうどん屋のつけ、部屋代など借金はかさみ、フミ子の月謝や修学旅行費も払えない。それでもフミ子は、頭を抱えるミノを笑わせるのだった。ある日、ミノの代わりに借金を大杉質店に届けたミノは、出て来た青年を見てギョッとした。西光寺いた例の青年・大杉光平だったのだ…。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1964
公開年月日:1964/11/22
上映時間ほか:カラー/97分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2644m
© 日活

ロケ地

【広島県】尾道市(市街、西千光寺、尾道駅)

ピックアップサイト Pickup site