伊豆の踊子
(いずのおどりこ)
大正の頃、伊豆天城を背景に、旅芸人の踊り子に寄せる高校生のほのかな慕情を描く抒情篇。
監督
西河克己
キャスト
薫、現代の少女(二役)=吉永小百合 現代の学生=浜田光夫 川崎=高橋英樹/お咲=南田洋子 お清=十朱幸代 鳥屋=桂小金治/紙屋=井上昭文 お咲の男=土方弘 人夫頭=郷鍈治 千代子=堀恭子 お時=安田千永子/鶴の屋=深見泰三 料理屋の女中=福田トヨ 旅の坊主=峰三平 茶屋のばあさん=小峰千代子 百合子=茂手木かすみ 人夫1=澄川透 酌婦風の女=新井麗子/温泉宿の女中イ=三船好重 温泉宿の女中ロ=大倉節美 湯ヶ野の酌婦1=高山千草 人夫4=伊豆見雄 瀬山孝司 荒井岩衛 戸波志朗 人夫5=近江大介/人夫2=岩手征四郎 人夫3=田端善彦 式田賢一 村の子供達1=江沢一 村の子供達2=山口光雄 村の子供達3=森重孝 湯ヶ野の子供達A=松岡高史 温泉宿の女中ハ=渡辺節子 湯ヶ野の酌婦2=若葉めぐみ/村の子供達4=青柳真美 高橋玲子 豊澄清子 飯島美知秀 湯ヶ野の子供達B=奥園誠 湯ヶ野の子供達C=大野茂樹 振付=花柳一輔 技斗=峰三平/大学教授(川崎)=宇野重吉 お芳=浪花千栄子 栄吉=大坂志郎
脚本
三木克巳(=井手俊郎) 西河克己
音楽
音楽/池田正義 
その他スタッフ
原作/川端康成(新潮社版) 撮影/横山実 照明/河野愛三 録音/沼倉範夫 美術/佐谷晃能 編集/鈴木晄 助監督/白鳥信一 製作主任/野村耕祐 スクリプター/服部佳子 色彩計測/北泉成 東洋現像所
大正末期、作家川端康成の基点となった名作文学の映画化。伊豆を旅していた学生の水原(高橋英樹)は、旅芸人の一行と知り合い、道中をともにするように。中でも、一行の中の少女・薫(吉永小百合)の初々しさに、水原は惹かれていくのだが…。

永遠のアイドル・吉永小百合が純情なヒロインを演じ、頭脳明晰で孤独な高校生役の主人公には人気絶頂期の高橋英樹が扮する絶品の文芸ドラマ。
【動画配信】
>>GooglePlay
>>YouTube
>>Amazon
>>iTunes
>>ビデオマーケット
>>U-NEXT
>>hulu
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1963
公開年月日:1963/6/2
上映時間ほか:カラー/87分/シネマスコープ・サイズ/9巻/2372m
© 日活

ロケ地

【静岡県】伊豆市(天城峠、旧天城トンネル)/河津町(初景滝、湯ヶ野温泉・福田家、湯ヶ野の街、湯ヶ野橋)/東伊豆町(稲取港)/下田市(甲州屋、平滑川沿いのペリーロード)
【東京都】千代田区(明治大学記念館、駿河台下など)
予告編の演出は村川透

ピックアップサイト Pickup site