いつでも夢を
(いつでもゆめを)
東京の下町に働きながら学ぶ、青年男女の青春像を描く。
監督
野村孝
キャスト
岩下留次=橋幸夫(ビクター) 木村勝利=浜田光夫 松本秋子=松原智恵子 三原ひかる=吉永小百合/三原泰山=信欣三 岩下花子=飯田蝶子 黒木先生=内藤武敏 玄海=中村是好 木村あい=初井言栄 木村長太郎=織田政雄/金造=野呂圭介 山田=木下雅弘 飯田=木島一郎 別所=紀原土耕 母親=福田トヨ 女生徒2=有田双美子 久保=亀山靖博 工員2=光沢でんすけ 英原穣二 雪丘恵介/澄川透 小柴隆 工員1=河瀬正敏 事務員=久遠利三 三笠鉄郎 流しA=本目雅昭 男生徒1=糸賀靖雄 男生徒2=石崎克己 女生徒1=武内悦子 女将=谷川玲子/山本戻都子 女生徒3=辻野房子 流しB=織田俊彦 工員3=芹沢辰夫 男生徒3=沢井昭夫 秋山茂 田中滋 木村和平=市川好郎 技斗=峰三平 
脚本
下飯坂菊馬 田坂啓 吉田憲二
音楽
音楽/吉田正 主題歌=ビクターレコード 一九六二年度日本レコード大賞受賞作品「いつでも夢を」作詩 佐伯孝夫 作曲 吉田正 唄 橋幸夫 吉永小百合 挿入歌=作詩 佐伯孝夫 作曲 吉田正「潮来笠」「おけさ唄えば」「北海の暴れん坊」「若いやつ」唄 橋幸夫 「寒い朝」唄 吉永小百合 「街の並木路」作詩 滝田順 作曲 久慈ひろし 唄 浜田光夫
その他スタッフ
撮影/横山実 照明/河野愛三 録音/片桐登司美 美術/木村威夫 編集/鈴木晄 助監督/吉田憲二 製作主任/園山蕃里 スクリプター/秋山みよ 色彩計測/北泉成 東洋現像所
1962年にレコード大賞を受賞した橋幸夫とのデュエット楽曲の映画化。東京下町の工場地帯を舞台に、ピカちゃんの愛称で親しまれる看護婦・ひかる(吉永小百合)、工員で夜間学校に通う勝利(浜田光夫)、新入り運転手の留次(橋幸夫)が繰り広げる恋の三角関係を描く。 吉永&浜田の純愛コンビと歌謡界の王者・橋幸夫という豪華キャストで描く黄金青春巨編。
【動画配信】
>>GooglePlay
>>YouTube
>>Amazon
>>ビデオマーケット
>>U-NEXT
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1962
公開年月日:1963/1/11
上映時間ほか:カラー/89分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2435m
© 日活

ロケ地

【東京都】荒川区(荒川土手のゴルフ場、荒川沿いの工場街、荒川と隅田川の三角洲、隅田川にかかる橋)/千代田区(丸ノ内、祝田橋交叉点)/東京タワー、▲デパート

ピックアップサイト Pickup site