若い人
(わかいひと)
海に臨む地方都市の女子高校を舞台に描く青春物語
監督
西河克己
キャスト
間崎慎太郎=石原裕次郎 橋本スミ子=浅丘ルリ子 江波恵子=吉永小百合 校医・山川=大坂志郎 恵子の母・ハツ=三浦充子 橋本先生の叔父・島森敬=小沢昭一 教師・畠中登=井上昭文 教師・山形アツ子=村瀬幸子 船員・江口健吉=北村和夫 下宿の女主人・瀬川フミ=武智豊子 校長・ミス・ケート=イム・レイー フミの夫・善吉=殿山泰司 教師・吉沢恭子=堀恭子 山川の妻・ヒロ子=三崎千恵子 バアの女給=千代侑子 バスガール=葵真木子 小泉郁之助 神通丸の男A=山之辺潤一 旅館の番頭=紀原土耕 河上信夫 神通丸の男B=黒田
脚本
三木克巳
音楽
音楽/池田正義 
その他スタッフ
原作/石坂洋次郎(新潮文庫版) 撮影/萩原憲治 照明/藤林甲 録音/中村敏夫 美術/佐谷晃能 編集/鈴木晄 助監督/白鳥信一 製作主任/亀井欽一 スクリプター/飯村知子 色彩計測/前田米造 東洋現像所
私生児である江波恵子(吉永小百合)は、数学教師の間崎(石原裕次郎)に男性としての興味を抱き、その好奇心と情熱をぶつける。しかし間崎は同僚の橋本(浅丘ルリ子)に好意を抱いている。ある日恵子が妊娠したとの噂が流れたことから、3人の関係は微妙なバランスを崩していくのだが・・・。日活を代表する豪華キャストで描く石坂文学の完全映画化。
配給:日活
製作年:1962
公開年月日:1962/10/6
上映時間ほか:カラー/90分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2463m

ロケ地

【東京都】観光バスからの風景(湯島天神、本郷通り、ニコライ堂など)/▲飲み屋街 
【長崎県】長崎市(東山手・活水学院、オランダ坂、長崎港、眼鏡橋、悟真寺前の坂道、稲佐山登山道、街、夜の海、煙突のある実景、港、鉄路、小ケ倉町の埋立地)

ピックアップサイト Pickup site