銀座の恋の物語
(ぎんざのこいのものがたり)
全国に大センセーションを捲き起こした裕次郎の魅力あふれるヒット曲の映画化。銀座を舞台に青春の夢と希望を賭けた若者たちを描く娯楽大作。
監督
藏原惟繕
キャスト
伴次郎=石原裕次郎 秋田久子=浅丘ルリ子 関口典子=江利チエミ(特別出演) 宮本修二=ジェリー藤尾 キン子=和泉雅子 お松=清川虹子 春山=清水将夫 柳井麻里=牧村旬子(テイチク) 沢村=深江章喜 武さん=高品格 東北弁の巡査=井上昭文 医者=下條正巳 佐藤=木浦祐三 銀座屋のマダム=南風洋子 須藤女史=新井麗子 秀子=三崎千恵子 清水=松下達夫 源六=河上信夫 芸者=星ナオミ 弘美=千代侑子 吉本=花村典昌 刑事=山之辺潤一 月賦屋の部下=紀原土耕 刑事=深水吉衛 密売組織の男A=神山勝 佐和ララ子=葵真木子 密売組織の男C=林茂朗 英原穣二 密売組織の男B=古田祥 トランペットの青年=小嶋忠雄 月賦屋=峰三平 下宿のおばさん=鈴村益代 松屋デパートの社員=重盛輝江 千枝=金井克予 池田=石崎克巳 橋本=守屋徹 タクシーの運転手=高緒弘志 尾形=織田俊彦 ジャズ喫茶「テキサス」の司会者=広瀬優
脚本
山田信夫 熊井啓
音楽
音楽/鏑木創 主題歌=テイチクレコード「銀座の恋の物語」作詩 大高ひさを 作曲 鏑木創 唄 石原裕次郎、牧村旬子 「東京の日曜日」作詩 大高ひさを 作曲 鏑木創 唄 石原裕次郎 挿入歌=「ノッポの彼氏とオチビの彼女」作詩・作曲 高島忠夫 唄 江利チエミ
その他スタッフ
撮影/間宮義雄 照明/藤林甲 録音/福島信雅 美術/松山崇 編集/鈴木晄 助監督/西村昭五郎 製作主任/亀井欽一 スクリプター/大和屋叡子 色彩計測/竹内茂三 現像/東洋現像所
銀座の裏町に生きる貧しくとも明るくたくましい若き画家・次郎(石原裕次郎)とその恋人・久子(浅丘ルリ子)。二人の幸せはある日突然起きた交通事故によって引き裂かれてしまう。やがて次郎は交通事故で記憶を失ったかつての恋人に再会し、献身的に尽くすのだが…。石原裕次郎のヒット曲の映画化である本作は、その後の“ムードアクション”の先駆となった。当時の銀座の風俗描写も懐かしい、裕次郎の魅力がたっぷり詰まった傑作。
【動画配信】
>>iTunes
>>U-NEXT
>>hulu
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1962
公開年月日:1962/3/4
上映時間ほか:カラー/93分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2539m
© 1962 日活株式会社

ロケ地

【東京都】中央区(銀座の街、和光の時計台、数寄屋橋交番、銀座五丁目四番地(公衆便所)、松屋デパート)/新宿区(新宿駅)/渋谷区(千駄ヶ谷駅付近)

ピックアップサイト Pickup site