すべてが狂ってる
(すべてがくるってる)
狂った現代に反抗して死んでゆく二人の男女高校生を中心に、親と子、若者と大人の世代の断層がもたらす悲劇を描く、ビート族映画の異色作
監督
鈴木清順
キャスト
杉田次郎=川地民夫 谷敏美=祢津良子(新人) 布目典子=吉永小百合(新人) 下条悦子=中川姿子 南原圭吾=芦田伸介 杉田昌代=奈良岡朋子 保の母・律子=初井言栄 雪江=宮城千賀子 飛島浩介=穂積隆信 小野安夫=上野山功一 田宮=柳瀬志郎 江田=林茂朗 時照明 山本勝 布目豊=沢井杏介 渡辺=石丘伸吾 中島保=守屋徹 菊田一郎 城島=坂下文夫 加東=藤井昭雄 大須賀更生 古田祥 遊園地の女=高田栄子 福田文子 珠江=花柳礼奈 久世晴美 高杉祐三子 令子=水野祚子 ヤマ=仙頭哲 サンちゃん=森原武範 大庭隆 
脚本
星川清司
音楽
音楽/三保敬太郎 前田憲夫 
その他スタッフ
原作/一条明(大衆小説所載「ハイティーン情婦」より) 撮影/萩原泉 照明/三尾三郎 録音/福島信雅 美術/千葉一彦 編集/鈴木晄 助監督/藤浦敦 製作主任/栗橋正敏 スクリプター/桑原みどり   
製作国:日活
製作年:1960
公開年月日:1960/10/8
上映時間ほか:モノクロ/72分/シネマスコープ・サイズ/6巻/1947m

ピックアップサイト Pickup site