海の情事に賭けろ
(うみのじょうじにかけろ)
男性美スター赤木圭一郎が初の二役に扮して善と悪の双生児兄弟を演じ、紺碧の海に青春の激情を奔流させる娯楽活劇巨篇。
監督
野口博志
キャスト
栗谷剛一・加東勇二(二役)=赤木圭一郎 殿村杏子=笹森礼子 牧蘭子=中原早苗 河村百合子=南田洋子 牧浩太郎=三島雅夫 水野=高品格 村川一=深江章喜 矢田亮介=待田京介 剛一の母・せつ=高野由美 殿村信也=近藤宏 パーティの客・女A=天路圭子 黒木郁子=和田悦子 下宿のおかみ・加代=雨宮節子 婆や=若原初子 奈良静男=杉幸彦 デスク=雪丘恵介 下宿の主人=河上信夫 安井=郷鍈治 三杉健 乾分B=沢美鶴 二階堂郁夫 乾分C=志方稔 玉井謙介 樵人=黒田剛 鈴木俊子 パーティの客・女C=五十嵐久子 パーティの客・女B=夏今日子 女給A=橘田良江 斎藤倫子 石井冽子=福原恵美子 女給B=森みどり 佐川明子/パーティの客・男A=荒木良平 パーティの客・男B=平塚仁郎 乾分A=式田賢一 世良馨 大学生=蒲生晃治 大橋シスターズ 技斗=高瀬将敏
脚本
滝口速太 柳瀬観
音楽
音楽/鏑木創 主題歌=ポリドールレコード「海の情事に賭けろ」作詞 滝田順 作曲 水時冨二男 唄 赤木圭一郎
その他スタッフ
原作/長光太(近代文学連載「蘭曲」より) 撮影/永塚一栄 照明/高橋勇 録音/高橋三郎 美術/小池一美 編集/辻井正則 助監督/柳瀬観 製作主任/園山蕃里 スクリプター/石山伸子 色彩計測/上田利男 東洋現像所
夏を海で過すため、牧蘭子は友人たちと房州の別荘へ来ていた。蘭子は東西貿易社長・牧浩太郎の愛娘で、友人の間でも女王蜂的な存在だった。ある日、ヨットで遊んでいた蘭子たちは、沖で洋服のまま浮かんでいた栗谷剛一という青年に出会ったが、彼はピストルで撃たれ負傷していた。剛一は新聞記者志望の大学生で、故郷から東京に戻る船上で何者かに襲われたのだが、海へ飛び込んで難を逃れたという。彼は蘭子のすすめで、傷が癒えるまで別荘にとどまることになった。情熱的な蘭子は剛一を見た瞬間から彼に惹かれ、杏子という恋人がいるのを知りながら積極的に近づき、ある日岩礁の砂浜で抱擁を交わした。数日後、新聞に殺人事件の被害者として剛一の写真が載った。しかし名前は新宿の水野組幹部・加東勇二となっている。剛一は自分が人違いで狙われたことを知った。それにしても自分と瓜二つの加東勇二という男は何者なのか?剛一は事件を追究しようと決心し、心配する蘭子を振り切って東京へ帰る-。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1960
公開年月日:1960/9/17
上映時間ほか:カラー/83分/シネマスコープ・サイズ/7巻/2273m
© 日活

ロケ地

【千葉県】鋸南町(当時は勝山町)/館山市(白浜海岸)
【東京都】新宿区(歌舞伎町)/墨田区(両国駅)/▲多摩川

ピックアップサイト Pickup site