東京の暴れん坊
(とうきょうのあばれんぼう)
パリー帰りの江戸ッ子青年が政界のガンコ老人や愚連隊相手に爽快な活躍をする明朗活劇。
監督
斎藤武市
キャスト
清水次郎=小林旭 松田秀子=浅丘ルリ子/リラ子=中原早苗 金田=藤村有弘 千吉=近藤宏 浜川=小沢昭一/一本槍鬼左衛門=小川虎之助 長五郎=森川信 今村=十朱久雄 浅井産業社長=三島雅夫/浅井隆三=相原巨典 一本槍の秘書・道子=小園蓉子 チヨ=田中筆子 新井麗子 警官=河上信夫 風巻鉄兵=弘松三郎/トシ子=千代侑子 中村君江=福田トヨ 倶梨伽羅悶々の女房=堺美紀子 松田ツル=原恵子 修理工員=神戸飄介 上院議員C=小泉郁之助/上院議員A=井東柳晴 中村文 吉=野呂圭介 花村典克 上院議員B=津田秀水 黒田剛 青木富夫/一本槍の運転手=光沢でんすけ 小西=瀬山孝司 大須賀更生 島村謙二 倉田栄三 久松成次郎 須藤孝/清水千代子 斉藤久美子 夏今日子 五十嵐久子 田村茂子 時照明 技斗=高瀬将敏
脚本
石郷岡豪
音楽
音楽/小杉太一郎 主題歌=コロムビアレコード「東京の暴れん坊」作詞 丹野雄二 作曲 小杉太一郎 「東京かっぽれ」作詞 西沢爽 作曲 浜口庫之助 「ノーチヨサン節」作詞 西沢爽 作曲 狛林正一 唄 小林旭
その他スタッフ
原作/松浦健郎 撮影/高村倉太郎 照明/大西美津男 録音/米津次男 美術/中村公彦 編集/近藤光雄 助監督/神代辰巳 製作主任/栗橋正敏 スクリプター/白鳥あかね スチール/石川久宜 色彩計測/幸田守雄 東洋現像所
銀座のキッチン「次郎」の若主人・清水次郎(小林旭)は、フランス料理の名人かつ元レスリング選手の美男子。そんな次郎の大学の後輩である、銭湯松の湯、秀子の一家は、銭湯を改造して大ソープランドを作ろうとする代議士・浅井の誘惑を受け、さらに浅井の息子、隆三は秀子に求婚していたのだった…。

銀座の次郎長と呼ばれる、粋で鯔背な若旦那を演じたアキラの魅力がスクリーンいっぱいに溢れるアクション映画の傑作!
【動画配信】
>>GooglePlay
>>YouTube
>>Amazon
>>iTunes
>>ビデオマーケット
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1960
公開年月日:1960/7/29
上映時間ほか:カラー/79分/シネマスコープ・サイズ/7巻/2157m
© 日活

ロケ地

【東京都】中央区(銀座、四丁目交差点 服部の時計、松の湯)/文京区(後楽園球場)/港区(赤坂の銭湯) 
【神奈川県】走る湘南電車/大磯市/箱根町(芦ノ湖)

ピックアップサイト Pickup site