あじさいの歌
(あじさいのうた)
石原裕次郎演じる明るく健康な青年の善意が古い因襲を破り、頑迷な家庭に春をもたらす。石坂文学を映画化した文芸篇。
監督
滝沢英輔
キャスト
河田藤助=石原裕次郎 倉田けい子=芦川いづみ 島村のり子=中原早苗 水村元子=北林谷栄 長沢いく子=轟夕起子 藤村義一郎=大坂志郎 島村幸吉=小高雄二 水村勇造=殿山泰司 倉田源十郎=東野英治郎 葉山先生=杉山徳子 南寿美子 田中筆子 警官=青木富夫 八坂先生=片桐恒男 安田先生=山田禅二 狭山秘書=渡のり子 「みすず」の女中=鈴村益代 福田文子 加野敬子 写真展の受付=須藤孝 吉村支配人=高野誠二郎
脚本
池田一朗
音楽
音楽/斉藤高順 主題歌=テイチク・レコード「あじさいの歌」作詩 滝田順 作曲 斉藤高順 唄 石原裕次郎
その他スタッフ
原作/石坂洋次郎(新潮社版 北海道新聞、中部日本新聞、西日本新聞、東京中日新聞連載) 撮影/横山実 照明/藤林甲 録音/福島信雅 美術/松山崇 編集/辻井正則 助監督/鍛冶昇 製作主任/園山蕃里 スクリプター/堀北昌子 色彩計測/北泉成 東洋現像所
のどかな春の日を浴びて、ひとりの青年が老人を背負って歩いていた。汗びっしょりにフウフウいっている青年は、商業デザイナーの河田藤助。彼の背中にふんぞり返っているのは、源十郎老人。このふたり、ときどき口喧嘩しているが、実はいま知り合ったばかり。散歩を楽しんでいた藤助が、道端で足をくじいて苦しんでいた源十郎を家に送り届けているところなのだが、この老人よほどの頑固者とみえて、親切な青年にありがた迷惑だと言わんばかりの態度をみせていた。源十郎の家は古い北欧風の洋館だったが、藤助は門から出てきた娘・けい子の不思議な優雅さにとまどい、呆然とした。藤助は、源十郎が病院に行くのを見届けると、再び源十郎邸を訪れた。このあつかましい来訪者に使用人は警戒の色をみせたが、けい子は彼を招き入れた。けい子の母親は彼女が幼い頃に駆け落ちしてしまい、以来源十郎はけい子を家にしばりつけ、世間から隔離した生活を送らせていた。そんな彼女にとって、藤助の登場は砂漠に落ちた一滴の水のよう。そして彼女にとってばかりでなく、この家にとっても、かたい氷を解かす春の風であった。けい子の美しさに打たれた藤助は、庭に咲いたあじさいの花の傍で、けい子を写真に収めた。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1960
公開年月日:1960/4/2
上映時間ほか:カラー/106分/シネマスコープ・サイズ/10巻/2885m
© 1960 日活株式会社

ロケ地

【東京都】中央区(銀座、清州橋)/千代田区(日比谷公園)/渋谷区(代々木駅前、代々木駅ホーム)/世田谷区(砧) 
【神奈川県】横浜市(横浜港)
【大阪府】大阪市(恵美須町横町、通天閣、汽車三等車)

ピックアップサイト Pickup site