ある脅迫
(あるきょうはく)
狂言か真意か、支店次長の銀行強盗事件をめぐって火花散らす二つの心理、人間性の深淵に恐怖を呼ぶ異色スリラー
監督
藏原惟繕
キャスト
滝田恭助=金子信雄 中池又吉=西村晃 中池の妹・梅葉=白木マリ 滝田の妻・久美子=小園蓉子 熊木伸二=草薙幸二郎 支店長・奥山=河上信夫 業者・小野=山田禅二 小使・野崎=浜村純 女将・時子=新井麗子 銀行員A=河合健二 銀行員B=花村典克 銀行員C=久遠利三 銀行員D=水谷謙之 車掌=川村昌之 宮崎=山中大成 飲み屋の女中=清水千代子 刑事=青木富夫
脚本
川瀬治
音楽
音楽/佐藤勝 
その他スタッフ
原作/多岐川恭(直木賞受賞作、河出書房新社版) 撮影/山崎善弘 照明/三尾三郎 録音/八木多木之助 美術/千葉一彦 編集/鈴木晄 助監督/野村孝 製作主任/亀井欽一   
製作国:日活
製作年:1960
公開年月日:1960/3/20
上映時間ほか:モノクロ/66分/シネマスコープ・サイズ/6巻/1791m

ロケ地

【新潟県】上越市(直江津駅) 

ピックアップサイト Pickup site