学生野郎と娘たち
(がくせいやろうとむすめたち)
曽野綾子作「キャンパス110番」を映画化。学生生活の様々な生態に焦点を合わせ、世相を諷刺する青春喜劇。
監督
中平康
キャスト
山本=長門裕之 晃子=芦川いづみ/ノエミ=中原早苗 由枝=清水まゆみ 吉野=岡田真澄/長岡=清水将夫 真木=仲谷昇 笹子の母・タケ子=賀原夏子 笹子の父・完三=殿山泰司/沢講師=下元勉 奥山=伊藤孝雄 黒川=武藤章生 豊田=山田昭一 塩原=杉幸彦 靖夫=波多野憲/朝子=高田敏江 松子=岩崎千恵 英子=峰品子 珠恵=南寿美子 コールガールB=天路圭子 女中=田中筆子 怜子=楠侑子/中川一二三 笹子=安田千永子 鮎子=葵真木子 品子=千代侑子 絵麻=島村葉子 堺美紀子 コールガールA=須田喜久代 佐々木すみ江/高校生=木下雅弘 穂積隆信 近眼学生=稲垣隆史 中野=須藤孝 クリーニング屋店員=林茂朗 瀬田=今村弘 ボーイ田村=川村昌之 立岡光/登代=淡月梨花 ミヨ子=黒木広美 長岡家女中=加代あけ美 藤沢健男 学生A=内藤安彦 学生B=水谷貞男 学生C=三宅洋 学生D=守屋徹 竹脇次代
脚本
山内久
音楽
黛敏郎 
その他スタッフ
原作/曾野綾子(週刊文春連載「キャンパス110番」文藝春秋新社刊) 撮影/山崎善弘 照明/森年男 録音/沼倉範夫 美術/松山崇 編集/辻井正則 助監督/西村昭五郎 製作主任/園山蕃里 スクリプター/堀北昌子
大学生…これほど多くの意味を持つ人種は他に見当たらない。その例に漏れず、芳上大学にも様々な学生たちがいた。新劇の演出家を夢見る山本、オートバイを賃貸して稼ぐチャカリ屋の吉野、麻雀に明けくれる黒川、ガリ勉強で恋人の晃子をもかまわぬ奥山ら男子学生。お節介焼きで行動派のノエミ、冷酷無比な高利貸の怜子、バーでアルバイトをしながらも潔癖な晃子ら女子学生といった具合だ。この学生たちの日常生活をのぞいてみよう。大学近くに下宿する山本は、ノエミら女子学生に出資させて製作したPRフイルムがオジャンになり、その責任を追及されてタジタジになっていた。丸裸にされ、挙句の果ては下宿の間代の抵当代わりに娘婿にされてしまい、泣き面に蜂。しかし、これら学生たちも校内では仲の良いグループで、対学校問題になると団結心を固める。ある時は新学長の抱負に拍手を送りつつ、そのための授業料値上げ案に反対デモを起こした。学生たちは前にも増して旺盛な生活力を見せ、山本は浮気な妻を看視しながら「呪いの青春」の著作に懸命。日本では飽き足らずイタリーに出稼ぎに行くという吉野、就職運動に躍起となる奥山。一方、女子学生たちは寮の盗難事件で議論をたたかわせ、ノエミと晃子は鋭い火花を散らした。ムシャクシャした気持ちでアルバイト先に出掛けた晃子は、ドラ息子・靖夫の口車と暴力で貞操を奪われてしまう。その日から晃子は荒んだ生活を送るようになり…。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1960
公開年月日:1960/2/21
上映時間ほか:モノクロ/91分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2479m
© 日活

ロケ地

【東京都】大田区(羽田空港)/大島町(大島・元町港 小湧園ホテル)
【神奈川県】横浜市(横浜港南桟橋) 

ピックアップサイト Pickup site