鉄火場の風
(てっかばのかぜ)
裕次郎がヤクザに扮し、意地と度胸と鉄拳で暗黒街のボスに対決する。鉄火場で切る名啖呵、イカサマ師との勝負など見せ場の多いアクション
監督
牛原陽一
キャスト
畑中英次=石原裕次郎 相良那美=北原三枝 木内昌子=清水まゆみ 速水健=赤木圭一郎(新人) 馬瀬朝次郎=東野英治郎 球場経理部・日守課長=三島雅夫 木内一巳=殿山泰司 高木剛太郎=芦田伸介 西川政一=宍戸錠 真壁鉄次=佐野浅夫 江島民平=武藤章生 武本寛=土方弘 佐々木忍=浜村純 役者・歌村=伊藤寿章 鱶川謙三=嵯峨善兵 新田整=梅野泰靖 柳辰蔵=河上信夫 永田正雄=深江章喜 東雲会親分B=伊丹慶治 久松晃 神戸瓢介 村田寿男 井東柳晴 加藤博敏=小泉郁之助 加原武門 マリー=丘野美子 バー・ベラミの夏子
脚本
熊井啓
音楽
音楽/小杉太一郎 主題歌=テイチクレコード「最果てから来た男」作詩 熊井啓 作曲 小杉太一郎 唄 石原裕次郎
その他スタッフ
撮影/姫田真佐久 照明/藤林甲 録音/橋本文雄 美術/木村威夫 編集/辻井正則 助監督/斎藤和三郎 製作主任/中井景 スクリプター/桑原みどり 特殊技術/金田啓治 色彩計測/安藤庄平 東洋現像所
夜の津軽海峡。その荒波を進む青函連絡船の暗い甲板に立って内地の灯をにらむように見つめている男・畑中英次(石原裕次郎)。彼は三年前、呉羽組組長殺人事件の犯人として検挙され、この網走刑務所に送られてきたのだ。だが、それは無実の罪で彼を陥れようとする陰謀だった・・・。
製作国:日活
製作年:1959
公開年月日:1960/1/15
上映時間ほか:カラー/89分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2429m

ロケ地

【北海道】網走市(網走刑務所)/津軽海峡 
【東京都】台東区(上野)/大田区(田園調布)
【神奈川県】川崎市(川崎球場)

ピックアップサイト Pickup site