續 飢える魂(続 飢える魂)
(ぞくうえるたましい)
熱狂的な人気と話題をさらった第一部に続いて、愈々佳境に入る問題の愛欲メロドラマ巨篇。
監督
川島雄三
キャスト
立花烈=三橋達也 芝令子=南田洋子 小河内まゆみ=轟夕起子/下妻雅治=大坂志郎 味岡礼司=金子信雄 泉谷のり子=渡辺美佐子 芝直吉=小杉勇/味岡道代=高野由美 味岡章子=桑野みゆき 小河内昭=小林旭(新人) 小河内伊勢子=加藤勢津子 芸妓・珠奴=志摩桂子/賢島宴席の幹事=伊丹慶治 東西出版社員=宮原徳平 東西出版社員=三笠謙 東西出版社員=加藤義朗 芸者=須田喜久代 芸者=谷川玲子/バーのマダム=坂井美紀子 バー「ぶうほ」の女給=芝あをみ バー「ぶうほ」の女給=久場礼子 ホテルのウェイトレス=泉桂子 賢島の芸者=三島糸子 芝京子=都築緑(N.B.K)/立花の旧友A=フランキ-堺(特別出演) 立花の旧友C=葉山良二(特別出演) 芸妓=高友子(特別出演) 立花の旧友B=小沢昭一(特別出演) 立花の旧友D=岡田真澄(特別出演)
脚本
柳沢類寿 川島雄三
音楽
音楽/真鍋理一郎 主題歌=コロムビアレコード「心の小雨」作詞 野村俊夫 作曲 服部良一 唄 コロムビア・ローズ 「愛のキャンバス」作詞 野村俊夫 作曲 服部良一 唄 岡本敦郎、湯川きよ美
その他スタッフ
原作/丹羽文雄(日本経済新聞連載、講談社版) 撮影/高村倉太郎 照明/大西美津男 録音/橋本文雄 美術/中村公彦 編集/中村正 助監督/今村昌平 製作主任/野村耕祐 スクリプター/ スチール/坂東正男 衣裳デザイン/森英恵
連続ラジオドラマ民間放送ネットワーク 北海道放送 東北放送 文化放送 中部日本放送 朝日放送 ラジオ九州/ラジオ青森 岩手放送 山形放送 ラジオ東北 ラジオ福島 ラジオ新潟 信越放送 ラジオ山梨 北陸放送 北日本放送 福井放送 ラジオ山陰 山陽放送 ラジオ中国 西日本放送 四国放送 南海放送 ラジオ高知 九州朝日放送 ラジオ大分 ラジオ熊本 長崎放送 ラジオ宮崎 ラジオ南日本

令子は十年前、二十三も年上の芝直吉のもとに嫁いたが、彼女の結婚生活は屈辱と忍従の生活そのものでしかなかった。そんな妻の座に、半ば諦めの気持ちでいた令子の心をゆさぶったのは、芝の商敵で関西の少壮実業家・立花烈だった。一方、小河内まゆみは年頃の子供を持つ美貌の未亡人。そんな彼女の前に現われたのは、亡夫の友で数年間寝たままの病妻を抱えた下妻だった。或日、まゆみは下妻の激しい要求と彼女自身の欲求に耐えかね、遂に愛を受け入れた。一方、直吉夫妻は商用で賢島にいたが、昔馴染みの芸妓珠奴を宴会に呼んだ直吉は、外泊するという。あまりにもみじめな自分に耐えられなかった令子は、立花の部屋をノックした。魂の飢えに悩む令子もまゆみも、愛情に満たされ、悲しみの彷徨も終りを告げる筈だったのだが…。
【動画配信】
>>iTunes
>>Amazon
>>ひかりTV
>>TSUTAYA TV
>>ビデオマーケット
>>DMM
>>楽天TV
>>U-NEXT
>>GyaO!ストア
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1956
公開年月日:1956/11/28
上映時間ほか:モノクロ/97分/スタンダード・サイズ/10巻/2659m
© 日活

ロケ地

【東京都】新宿区(神宮外苑)/千代田区(日本テレビ(スタジオ外観、テレビ塔展望台、スタジオ内部)/大田区(羽田空港)/▲工業クラブ
【奈良県】奈良市(奈良ホテル、薬師寺、唐招提寺、奈良公園付近)/大和路を走る近鉄電車、西の京の道
【三重県】志摩市(賢島のドライブウェイ、志摩観光ホテル、賢島の海と船着場、英虞湾)

ピックアップサイト Pickup site