洲崎パラダイス 赤信号
(すざきぱらだいすあかしんごう)
東京洲崎遊郭の飲み屋を中心に、歓楽街に出入りする、明日知らぬ人生を生きる儚い男女の生態を描いた風俗映画の異色篇。
監督
川島雄三
キャスト
蔦枝=新珠三千代 お徳=轟夕起子 落合=河津清三郎 義治=三橋達也 玉子=芦川いづみ 信夫=牧真介 女中志願の女=桂典子 廓の女=田中筆子 傳七=植村謙二郎 そばやの主人=冬木京三 三吉=小沢昭一 大工風の男=山田禅二 廓の女=菊野明子 傳七の女=隅田恵子 初江=津田朝子 すしやの主人=小泉郁之助 警官A=阪井一郎 警官B=里実 ラヂオ店の店員=加藤義朗 ボートの男=紀原耕 氷屋=青木富夫 弁天座の歌手=谷和子 すし屋の小女=宮地正美 隣りのお内儀=芝あをみ 娼婦A=鈴木俊子 娼婦B=久場礼子 娼婦C=森みどり バスの車掌=加藤温子 日雇労務者=村田寿男 日雇労務者=吉田勇男 日雇労務者=椿とみ 刺青の男=宇部信吉 連れの女=鈴川節子 和男=平沼徹 俊男=松本薫(劇団N.B.K)
脚本
井手俊郎 寺田信義
音楽
音楽/真鍋理一郎 
その他スタッフ
原作/芝木好子(講談社「州崎パラダイス」より) 撮影/高村倉太郎 照明/大西美津男 録音/橋本文雄 美術/中村公彦 編集/中村正 助監督/今村昌平 製作主任/林本博佳 スクリプター/飯村知子   
特飲街「洲崎パラダイス」に当てもなくやってきた女・蔦枝(新珠三千代)と男・義治(三橋達也)。流れ者だった二人はここから真っ当な人生を歩むことにし、蔦枝は「洲崎パラダイス」の入り口に建つ飲み屋で、義治は飲み屋の女将(轟夕起子)の世話で近所のそば屋で働くことになるのだが…。遊郭の住人たちとの物語を描いた、芝木好子原作の小説を映画化したドラマ作品。
【動画配信】
>>iTunes
>>GooglePlay
>>YouTube
>>Amazon
>>ひかりTV
>>TSUTAYA TV
>>ビデオマーケット
>>DMM
>>アクトビラ
>>楽天TV
>>U-NEXT
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1956
公開年月日:1956/7/31
上映時間ほか:モノクロ/81分/スタンダード・サイズ/9巻/2223m
© 日活

ロケ地

【東京都】江東区(洲崎特飲街、木場附近、洲崎遊郭の橋、洲崎橋、沢海橋、洲崎神社境内、弁天橋、掘割の船着場、秋木橋)/中央区(勝鬨橋)/千代田区(神田附近)/墨田区(吾妻橋)

ピックアップサイト Pickup site