あした来る人
(あしたくるひと)
製作再開一周年を記念して、日活入社第1回作品として月丘夢路が全女性に新しき時代の愛情の在り方を訴える文芸巨篇。
監督
川島雄三
キャスト
大貫八千代=月丘夢路(入社第一回) 大貫克平=三橋達也 梶大助=山村聰 曾根二郎=三國連太郎/山名杏子=新珠三千代 梶の妻滋乃=小夜福子 三村明=金子信雄 藤川社長=小沢栄/アルさん=高原駿雄 三澤=小沢昭一 山小屋のおやじ=天草四郎 大町の運転手=山田禅二 ホテルの案内人=高品格 大根のおやじ=瀬川路三郎/高橋医師=稲垣実 柳川商事社員=大森安行 山岳部の学生=武藤章生 山岳部の学生=加納桂 山岳部の学生=小川繁 ホテルのボーイ=加藤義朗 車掌=青木富夫 梶の運転手=植村進/女店員・てる子=関弘子 女店員・みち子=真下治子 商工会議所職員=河上信夫 研究所の永田老人=村田寿男 研究所の学生=千代京二 新聞記者=宮原徳平 新聞記者=澄川透 新聞記者=真杉隆一/大貫家の女中=重盛輝江 梶家の女中=福田とよ 宿の女中=石塚雅子 大根のばあさん=早川十志子 食堂車の給仕=明石淳子 喫茶店山小屋の女=宮路正美 商工会議所受付=歌川まゆみ
脚本
菊島隆三
音楽
音楽/黛敏郎 
その他スタッフ
原作/井上靖(朝日新聞連載) 撮影/高村倉太郎 照明/大西美津男 録音/福島信雅 美術/中村公彦 編集/中村正 助監督/今村昌平 製作主任/林本博佳 スクリプター/秋山みよ   
腕ききの実業家・梶大助が泊まるホテルへ、娘・八千代の紹介で、カジカ研究の資金を出して貰うため、曾根二郎がやってきた。梶は快く承諾したが、決して金を出すとは言わなかった。曾根が帰ると八千代がやって来て、夫・克平の不満をぶちまけ帰っていった。夜、酒くさい克平が小犬をかかえて帰って来ると、八千代は冷たい態度をとり大阪の実家へ帰ってしまった。一方、八千代がいなくなると克平は、かねてから念願であったカラコルム登山の準備にとりかかった。ある日、彼が持ち帰った小犬を見ず知らずの女性が連れているのを見つけた。それは例の小犬で、連れていたのは梶が出資している銀座の洋品店の杏子という女性で、その日以来ふたりは親しくなった。八千代は、梶に連れられて東京の克平のもとへ帰ってきたが、克平は留守だった。そこへ杏子が克平を訪ねてきて、女同士で話しあっているうちに、八千代は杏子に淡い嫉妬を感ずるのだった…。
【動画配信】
>>iTunes
>>GooglePlay
>>YouTube
>>Amazon
>>ひかりTV
>>TSUTAYA TV
>>ビデオマーケット
>>DMM
>>GyaOストア
>>楽天TV
>>U-NEXT
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1955
公開年月日:1955/5/29
上映時間ほか:モノクロ/115分/スタンダード・サイズ/12巻/3159m
© 日活

ロケ地

【東京都】中央区(銀座、西銀座)/千代田区(日活ホテル、東京駅八重洲口)/文京区(小石川植物園)/港区(新橋駅)/大田区(羽田空港)
【長野県】大町(信濃大町駅)
【静岡県】伊豆市(海岸、船着場)/沼津市(戸田海岸)
【京都府】京都市(木屋町、中京区姉小路)
【大阪府】大阪市(北浜辺り、大阪商工会議所)
【兵庫県】芦屋市(屋敷町)
▲走る夜行列車

ピックアップサイト Pickup site