次郎長遊侠伝 秋葉の火祭り
(じろちょうゆうきょうでん あきばのひまつり)
清水次郎長が、遠州の大親分・黒駒勝蔵を相手に、秋葉の火祭りの夜に大暴れ、黒駒一家を散々な目にあわせて、ここに清水一家の誕生という、痛快無類な時代劇
監督
マキノ雅弘
キャスト
清水次郎長=河津清三郎 お美代=北原三枝 森の石松=森繁久彌/追分三五郎=三島耕 法印大五郎=田中春男 黒駒勝蔵=三島雅夫 助十=石黒達也 東山坊=清水元 増川仙右ヱ門=本郷秀雄/仙吉=森健二 伊八=鴨田喜由 元三=深見泰三 お時=利根はる恵 お仲=藤代鮎子 お峰=桂典子/日元=伊丹慶治 お美代の乾分(三ちゃん)=光沢でんすけ お美代の乾分=二階堂郁夫 轟権八=澄川透 おかみさん=山村くに子 森村の講中=雪岡純 森村の講中=美川洋一郎 森村の講中=村田寿男 森村の講中=稲垣実 他の講中=弘松巌 他の講中=八代康二 (以下、主なクレジットなしの出演者)森村の村人=上原一二 坂下宿の町人=若原初子 坂下宿の町人、山伏、居酒屋の客、黒駒勝蔵の子分(四役)=水木京一 薬売りの口上を聞いて去って行く男性=三笠謙 黒駒勝蔵の子分=峰三平 山伏=瀬山孝司 黒駒勝蔵の子分=小林亘 宿屋の客引き=須田喜久代 宿屋の客引き=芝あをみ 尾上時之丞一座の一員=加藤義朗 居酒屋の主人=河上信夫
脚本
八木保太郎 毛利三四郎
音楽
音楽/松井八郎 
その他スタッフ
企画/八木保太郎 製作/浅田健三 撮影/横山実 照明/藤林甲 録音/神谷正和 美術/小池一美 編集/近藤光雄 助監督/関喜誉仁 製作主任/加東義 舞踊指導/伊藤道郎 
製作国:日本 製作/日活
配給:日活
製作年:1955
公開年月日:1955/2/18
上映時間ほか:モノクロ/90分/スタンダード・サイズ/9巻/2458m
© 日活

ピックアップサイト Pickup site