からたちの花
(からたちのはな)
日本が生んだ最大の詩人・北原白秋の少年期から青年期にいたる詩情に満ちた半生を描いた青春抒情篇
監督
佐伯清
キャスト
北原長太郎=山村聰 小島先生=伊藤雄之助 七蔵=宇野重吉 中野とよ=山田五十鈴 北原隆吉(白秋)=北原隆 中野清介=牧眞介時子=雨宮節子 雪枝=桂典子 北原しげ=夏川静江 おたき=小夜福子 おみか=利根はる恵 千代=坪内美子 津村=東谷暎子 浜口館長=三島雅夫 長部先生=伊澤一郎 牧野先生=信欣三 松尾熊次郎=中原啓七 喜一=柳谷寛 道真=永田靖 中野吾市=清水広庄八=加原武門 信子の父=片桐常雄 久助=深水吉衛 北原鉄雄=高島稔 中村俊介 邦章 叔父=雪岡純 薬屋の主人=伊丹慶治 松さん=紀原耕 検屍の役人=美川洋一郎 漁師の女房=若原初子 近所のおかみさん=山村邦子 信子=中沢栄子 商家のお内儀さん=滝川まゆみ 巡査=植村進 常願寺の若い住職=須藤孝 若い男=神山勝 五島丸の船長=名和宏 車夫・竹さん=花村信輝 車夫・力さん=深江和久 阪井一郎 村田寿男 
脚本
八住利雄
音楽
音楽/古関裕而 
その他スタッフ
原作/長谷健(東日・新関西・新九州連載) 撮影/中尾利太郎 照明/河野愛三 録音/八木多木之助 美術/小池一美 編集/近藤光雄 助監督/野口博志 スクリプター/秋山みよ   
製作国:日活
製作年:1954
公開年月日:1954/10/26
上映時間ほか:モノクロ/92分/スタンダード・サイズ/10巻/2537m
© 日活

ロケ地

【静岡県】伊豆市(長岡温泉)
【福岡県】柳川市(柳川掘割、高畑公園、沖ノ端町、三明橋、沖ノ端漁港、鋤崎土居、筑紫橋、曙町、白秋詩碑、三柱神社、六騎、椿原町、新町水門、檀平橋、川尻、真勝寺、水産橋、両開水天宮、沖端水天宮、三橋町・吉開食品の味噌蔵前、矢留小学校、白秋道路、西浦町 他)
【長崎県】島原市(島原城跡)/雲仙

ピックアップサイト Pickup site