忠臣蔵 天の巻・地の巻
(ちゅうしんぐらてんのまきちのまき)
日活更生記念の春季大作で東西スターを総動員し「天の巻」をマキノ正博「地の巻」を池田富保がそれぞれ監督。
監督
マキノ正博(天の巻)池田富保(地の巻)
キャスト
浅野内匠頭、立花左近=片岡千恵蔵(二役) 脇坂淡路守、清水一角=嵐寛寿郎(二役) 大石内蔵之助=阪東妻三郎 原惣右衛門、小林平八郎=月形龍之介(二役) 浅野大学、萱野三平=尾上菊太郎(二役) 片岡源五右衛門、服部市郎右衛門=沢村国太郎 将軍綱吉、潮田又之丞=沢田清 柳沢出羽守、寺坂吉右衛門=河部五郎(二役) 大野群右衛門、倉橋傳助=市川百々之助(二役) 吉良左兵衛=市川正二郎 神崎与五郎=原健作 堀部安兵衛=瀬川路三郎 建部織部正、猿橋右門=香川良介(二役) 近松勘六=田村邦男 高田群兵衛=尾上華丈 安井彦右衛門=志村喬 糟谷平馬=団徳麿 幇間・喜六=尾上桃華 三国屋半右衛門=磯川勝彦 萱野七郎右衛門=藤川三之祐 大友近江守=久米譲 雲助・三州=林誠之助 船松九兵衛=仁礼功太郎 早水藤左衛門=阪東国太郎 岡林杢右衛門=大崎史郎 玉虫七郎右衛門、駕籠屋・甚六=賀川清(二役) 藤井又左衛門=葉山富之輔 武林唯七=楠栄三郎 矢頭左衛右門七=島田照夫 吉田忠左衛門=若松文男 富森助右衛門=八幡震太郎 鳥居利右衛門=南條龍之助 三村次郎左衛門=石川秀道 村松喜兵衛=大河原左雁次 左藤右門=大倉多一郎 宗伯=左文字一郎 八左衛門=志茂山剛 菅谷半之丞=加藤弘郎 千葉三郎兵衛=坂本清之助 下り星の相州=市川猿昇 岡野金右衛門=近松龍太郎 大高源吾=相沢五郎 奥野将監=片岡京十郎 間重次郎=福井松之助 畳屋久蔵=龍造寺八郎 新見彌七郎=武林大八郎 小野寺十内=小池柳星 磯貝十郎左衛門=久利富健二 和久半太夫=松本龍之助 斎藤宮門=岩井昇 前原伊助=竹内良介 痩馬の紀州=瀬戸一司 貝賀彌左衛門=湊武雄 間喜兵衛=澤村寿三郎 矢田五郎左衛門=生島日三郎 赤垣源蔵=押村兼次 大石瀬左衛門=山路美寿雄 間瀬孫九郎=嵯峨芳明 杉野十平次=河瀬昇二郎 間新六=市川吉之介 間瀬久太夫=杉昌三 木村岡右衛門=東武太郎 茅野和助=谷譲二 奥田貞右衛門=大野木昇 小野寺幸右衛門=西川章二郎 中村勘助=前田静男 吉田澤右衛門=生田進二郎 奥田彌太夫=川田一郎 村松三太夫=等々力俊夫 藤田新左衛門=潮剣二 茶坊主珍才=藤村平三郎 横川勘兵衛=藤井直一 大石吉千代=宗春太郎 大石大三郎=旗桃太郎 原の娘・お千賀=轟夕起子 三平の許婚・お静=深水藤子 吉良の間者・お梅=大倉千代子 岡島の妻・おくに=原駒子 加納の局=中野かほる おさい=衣笠淳子 お幸=清水照子 藤の江=比良多恵子 お島=香住佐代子 大石の妻・りく=酒井米子 澤の井=小松みどり 玉笹の局=滝沢静子 桔梗=近江富士子 時枝=成宮欣子 信夫=沖津麗子 美鈴=橘昇子 紅葉=京町ふみ代 萩野=三好文江 弥生=藤木小夜子 双葉=中田富美子 おりん=堀さわ子 初菊=阪野光江 およし=中村園江 常盤=鷹鳥由良子 【日活多摩川撮影所特別出演】吉良上野介=山本嘉一 千坂兵部=小杉勇 堀部安兵衛=江川宇礼雄 不破数右衛門=山本礼三郎 伊達左京亮、深井傳四郎=大城龍太郎(二役) そばや・久兵衛=杉狂児 大石主税=瀧口新太郎 岡島八十右衛門=見明凡太郎 そばや・久助=松本秀太郎 梶川与惣兵衛=廣瀬恒美 大野九郎兵衛=中村健峰 土屋相模守、真野金吾=北龍二(二役) 水群左一郎=津村博 荘田下総守、村上喜剣=高木永二(二役) 茶坊主・珍賀=星ひかる 磯田武太夫=菊池良一 大久保権右衛門=吉井莞象 畳屋喜作=吉谷久雄 苅藻太夫=花柳小菊 浮橋太夫=黒田記代 水群の妻・お千代=村田知栄子 楓=近松里子 戸田の局=澤村貞子 原惣右衛門の母=吉田一子 瑶泉院=星玲子 そばや・お豆=悦ちゃん 【特別出演】原の老僕・平助、多門傳八郎=市川小文治(二役) 
脚本
山上伊太郎 瀧川紅葉(天の巻)瀧川紅葉(地の巻)
音楽
西梧郎(天の巻)白木義信(地の巻)
その他スタッフ
総指揮/逢坂彌、森田佐吉 監修/横田永之助 製作責任/根岸寛一、藤田平二 撮影/石本秀雄(天の巻)谷本精史(地の巻) 録音/海原幸夫(天の巻)中村敏夫(地の巻) 時代考証/江馬務 
※封切後13巻117分に再編集。1956年12月12日新版公開(天の巻・地の巻総集篇)。現存101分
<ご注意>
戦前の製作作品(1942年以前)は、資料の不足などの事情により、当HPのデータの内容が必ずしも正確なものとは限りません。
製作国:日本 製作:京都撮影所
配給:日活
製作年:1938
公開年月日:1938/3/31
上映時間ほか:モノクロ/171分/スタンダード・サイズ/19巻/4700m
© 日活

ピックアップサイト Pickup site