なみだの母
(なみだのはは)
牛原虚彦の脚本を永富映次郎が監督した母物映画。
監督
永富映次郎
キャスト
江守久美子=五月信子 江守昌二=秋山槐三 江守夏子=村田知栄子 幼時の夏子=久保田綾子 田川益人=薄田研二 矢沢千代造=吉井康 矢沢美夜子=北原幸子 弁護士=永田靖 春子=池田久子
脚本
牛原虚彦
その他スタッフ
原作/額田六福 撮影/河崎喜久三
※「夫を殺すまで」改題
<ご注意>
戦前の製作作品(1942年以前)は、資料の不足などの事情により、当HPのデータの内容が必ずしも正確なものとは限りません。
製作国:日本 製作:太秦発声
配給:日活
製作年:1935
公開年月日:1935/5/8
上映時間ほか:モノクロ/78分/スタンダード・サイズ/8巻/2140m
© 日活

ピックアップサイト Pickup site