忠臣蔵 刃傷篇 復讐篇
(ちゅうしんぐらにんじょうへんふくしゅうへん)
伊藤大輔の「丹下左膳・剣戟の巻」に次ぐ春季超特作で、伊丹万作、尾崎純が応援監督を務めている。日活時代劇部・現代劇部に千恵プロ総出演の豪華キャスト。W・E式オール・トーキーで刃傷篇、復讐篇の二部に分かれている。
監督
伊藤大輔
キャスト
大石内蔵助、毛利小平太=大河内伝次郎(二役) 浅野内匠頭、岡野金右衛門=片岡千恵蔵(二役) 土屋相模守=高勢実乗 伊達右京亮=田中春男 吉良上野介=中村吉次 用人左右田=山本冬郷 片岡源五右衛門=鳥羽陽之助 梶川与惣兵衛=阪東勝太郎 切腹御上司=磯川勝彦 原惣右衛門=藤川三之祐 倉橋伝助=尾上桃華 堀部安兵衛=浅香新八郎 神崎与五郎=雲井龍之介 前原伊助=市川百々之助 赤垣源蔵=杉山昌三九 萱野三平=沢田清 偽大臣御堂八郎太=三桝豊 大高源吾=沢村国太郎 小野寺十内=実川延一郎 たあ坊=中村寿郎 大石三平=寺島貢 横地大角=芝田新 永見東伍=南城龍之助 寝ている侍=山口佐喜雄 土屋主税=山本礼三郎 茶坊主対中=片岡左近 小姓頼母=尾上助三郎 間十次郎=高松文麿 近松勘六=清川荘司 杉野十平太=尾上華丈 佐藤城右衛門=小山田光 堀瀬充十郎=林幸次郎 吉良の仁勢丹尼=春日陽二郎 大野九郎兵衛=瀬川路三郎 槍持権助=林誠之助 萱野七郎衛門=香川良介 高田軍兵衛=鳥居正 不破数右衛門=鈴木伝明 岡島八十右衛門=高木永二 大石主税=夏川大二郎 矢頭右衛門七=滝口新太郎 父長助=横山運平 大野の用人・能々村伴内=松本秀太郎 武林唯七=中田弘二 間瀬久太夫=葉山富之輔 町人四三松=神戸光 町人於兎=星ひかる 茶坊主宗作=松下猛男 茶坊主妙斎=若松文男 堀部弥兵衛=山本嘉一 内匠頭内室・瑶泉院=山田五十鈴 侍女・楓=花井蘭子 侍女・葱=大倉千代子 弥兵衛の妻=伊藤すゑ 浮橋太夫=吉野朝子 矢場の女・お吉=夏川静江 大工娘・お半=市川春代 大石の妻・りく=伊達里子 吉良侍女・藤尾=山路ふみ子 矢場の女・お俊=五月潤子 矢場の女・お澄=水の江澄子 矢場の女小娘・お文=三好文江 茶屋仲居・お清=大久保清子 茶屋仲居・阿空=古谷スミ子 
脚本
伊藤大輔 伊丹万作 尾崎純
音楽
西梧郎
その他スタッフ
撮影/酒井宏 谷本精史 応援監督/伊丹万作 尾崎純
<ご注意>
戦前の製作作品(1942年以前)は、資料の不足などの事情により、当HPのデータの内容が必ずしも正確なものとは限りません。
製作国:日本 製作:京都撮影所
配給:日活
製作年:1934
公開年月日:1934/5/20
上映時間ほか:モノクロ/217分/スタンダード・サイズ/25巻/5943m
© 日活

ピックアップサイト Pickup site