未来花
(みらいばな)
「若者よなぜ泣くか」を最後に蒲田を退いて外遊2年、1932年11月に帰朝した牛原虚彦監督、元不二映画にあった脚色家村上徳三郎及び三浦光雄技師のいずれも入社第1回作品。日活オールスターに新入社の林千歳、山本冬郷、大原雅子を加えての大作。原作は雑誌「キング」連載。
監督
牛原虚彦
キャスト
未亡人・大原寿子=林千歳 長女・千夜子=夏川静江 次女・田鶴=市川春代 末弟・英一=滝口新太郎 有閑マダム・坂部夫人=相良愛子 大原家の叔父さん・豊=杉狂児 画家・山上春樹=中田弘二 学生ラガー・植村守雄=井染四郎 青年実業家・三宅友造=田村道美 日本舞踊家・水島春美=吉野朝子 大学教授・北澤博士=山本冬郷 令嬢・久美子=大原雅子
脚本
村上徳三郎
その他スタッフ
原作/菊池寛 撮影/三浦光雄
<ご注意>
戦前の製作作品(1942年以前)は、資料の不足などの事情により、当HPのデータの内容が必ずしも正確なものとは限りません。
製作国:日本 製作:太秦撮影所
配給:日活
製作年:1933
公開年月日:1933/5/4
上映時間ほか:モノクロ/156分/スタンダード・サイズ/17巻/4271m/無声
© 日活

ピックアップサイト Pickup site