霧行燈
(きりあんどん)
辻吉朗の「三万兩五十三次」に次ぐ作品で、日活募集の新人大谷日出夫及び松竹より転社した滝口新太郎が初出演。原作は雑誌「婦女界」に連載された。
監督
辻吉朗
キャスト
富五郎=大谷日出夫 丸澤屋源兵衛=高勢実乗 越川渋之助=中村紅果 大工の六さん=渥美秀一郎 甲斐庄之助=滝口新太郎 お品=高津愛子 千鶴=近松里子 田鶴=葉木三千子 大工の女房=山科文子
脚本
原健一郎
その他スタッフ
原作/湊邦三 撮影/安本淳
<ご注意>
戦前の製作作品(1942年以前)は、資料の不足などの事情により、当HPのデータの内容が必ずしも正確なものとは限りません。
製作国:日本 製作:太秦撮影所
配給:日活
製作年:1933
公開年月日:1933/2/1
上映時間ほか:モノクロ/69分/スタンダード・サイズ/8巻/1905m/無声
© 日活

ピックアップサイト Pickup site