元禄快挙 大忠臣蔵 天変の巻 地動の巻
(げんろくかいきょだいちゅうしんぐらてんぺんのまきちどうのまき)
「修羅城」につぐ池田富保監督作品で日活恒例の新旧合同オールスターの外、千恵蔵嵯峨撮影所全員出動になる春季超特作映画。
監督
池田富保
キャスト
大石内蔵之助=大河内伝次郎 浅野内匠頭=片岡千恵蔵 茅野三平=沢田清 棟梁藤兵衛=小川隆 武林唯七=清川壮司 片岡源五衛門=光岡龍三郎 堀部安兵衛=鳥羽陽之助 神崎与五郎=楠英二郎 立花左近=山本嘉一 吉良上野之介=三桝豊 間重次郎=南部章三 清水一角=高木永二 将軍綱吉公=谷幹一 僧・良雪=村田宏寿 糟谷平馬=田村邦男 阿部道十郎=大崎史郎 脇坂淡路守=金平軍之助 大石の妻・お陸=酒井米子 瑶泉院=梅村蓉子 三平の許婚・お勝=伏見直江 苅藻太夫=滝花久子 娘・お艶=桜井京子 雛菊=山田五十鈴 不破数右衛門=新妻英助(四郎改め) 村上喜剣=市川小文治 小林平八郎=尾上華丈 仲間幸助=尾上桃華 仲間頭作右衛門=葛木香一 俵星玄蕃=高勢実 中村勘助=久米譲 岡野九十郎=永井寛二郎 速水藤左衛門=浅香新八郎 和久半太夫=寺島貢 岡島八十右衛門=瀬川銀潮 三村治郎左衛門=森田肇 伊達左京亮=市川婦久之助 山田多門=小林義雄 大石主税=潮万太郎 大野郡右衛門=阪本清之助 原惣右衛門=瀬川路三郎 吉田忠左衛門=香川良介 玉虫七郎右衛門=林誠之助 勝田新左衛門=瀧口光 磯貝十郎左衛門=矢野武男 重次郎妻・お貞=澤村春子 深雪太夫=川上彌生 戸田局=常盤操子 武林の母・千代女=小松みどり 愛妾・おかの=吉野朝子 大野の妻・お君=木下千代子 平八郎の妻=滝沢静子 千馬三郎兵衛の妻=衣川光子 潮田又之丞の妻=辻峰子 女中・お雪=山本絹江 大野の乳母・お兼=露野文子 大石の母堂=伊藤すゑ子 岡島八十右衛門の妻=小林叶江 芝山の妻=牧きみ子 おかく=田中君代 侍女・お梅=衣笠淳子 愛妾・お蘭=竹久燁子 茅野三郎右衛門=実川延一郎 柳澤出羽守=山田純三郎 芝山甚兵衛=磯川元春 間瀬久太夫=嵐珏松郎 堀部彌兵衛=尾上卯多五郎 大野九郎兵衛=阪東巴左衛門 小野寺十内=嵐璃左衛門 楠屋久兵衛=尾上鶴五郎 寺坂吉右衛門=高尾新三 奥野将監=中村紅果 村松喜兵衛=大山虎男 大高源吾=島田文郎 赤垣源蔵=生島日三郎 鳥井利右衛門=森悦郎 倉橋傳助=友月満 前原伊助=刀根正 小笠原長門守=中村秀郎 千馬三郎兵衛=伊丹禮二郎 仲間團平=森敏治 岡野金右衛門=嵐栄一郎 紀州の源兵衛=松島燕三郎 藤井又右衛門=伴淳三郎 矢頭右衛門七=尾上松葉 山中源内=大倉多一郎 吉良の息・佐兵衛=井戸田輝夫 徳川水戸公=酒井進 徳川尾張公=宮田健三郎 浅野大學=月井一夫 横川勘平=澤村源二郎 潮田又之丞=南條龍之助 老臣伊達織部正=星野弘喜 与太郎=神戸光 梶川与三兵衛=梅田哲郎 田村右京太夫=川上一雄 大石の息・吉千代=中村英雄 同・大三郎=中村寿郎
脚本
池田富保
その他スタッフ
原作/池田富保 撮影/酒井健三 中西与之助 照明/森田右三郎 山下直一 美術/橋本末吉 中井菊次郎 角井嘉一郎 岡本梅吉 岡本喜一郎 助監督/岡田敬(監督補) 松南兵一郎 深川ひさし 撮影事務部長/築山光吉 撮影事務/波多野安正 原田晃 俳優係/西村治三郎 高橋為市 吉本清濤 笹谷源三郎 衣裳/大池源太郎 中村駒次郎 美髪/島谷美三郎 三浦源二郎 現像/小林信次郎 焼付/和田忠吉郎 字幕/小栗美二 邨尾一友 殺陣師/尾上緑郎 千恵蔵プロダクション撮影事務/箕浦勝也 大道具/平松智恵吉 小道具/新井九十九
※大正14年秋の「荒木又右衛門」以来10本になった超特作物はこれをもってひとまず中止となる。
<ご注意>
戦前の製作作品(1942年以前)は、資料の不足などの事情により、当HPのデータの内容が必ずしも正確なものとは限りません。
製作国:日本 製作:太秦撮影所
配給:日活
製作年:1930
公開年月日:1930/4/1
上映時間ほか:モノクロ/166分/スタンダード・サイズ/20巻/4558m/無声
© 日活

ピックアップサイト Pickup site