最新情報 最新DVD おすすめDVD 特集 プレゼント 掲示板
吉永小百合 山中貞雄監督作品 全能の役者・森繁久彌   DVD検索
HERO's EDITION 70's GRFFITI GREAT EDITION   STYLE TO KILL
鈴木清順監督50周年 川島雄三監督 戦争と人間   鴛鴦歌合戦
野良猫ロック      
HERO's EDITION


1939年5月8日、東京市生まれ。
’58年、日活第4期ニューフェイスとして入社。仕出しとして数本出演の後、’59年の「拳銃0号」で本格デビュー。瞬く間に人気を獲得する。
遺作となる「紅の拳銃」まで2年弱の間に24本の映画に出演。’61年「激流に生きる男」の撮影の合間にゴーカート操作を誤り、同年2月21日、伝説的な21歳の生涯を終える。
愛称トニーは、往年のハリウッド名優、トニー・カーチスに似ていることから付けられた。

代表作

*1960…拳銃無頼帖シリーズ(全4作)
* 1960…打(ノックダウン)倒
* 1960…邪魔者は消せ
* 1960…男の怒りをぶちまけろ
* 1960…霧笛が俺を呼んでいる
* 1960…錆びた鎖
* 1960…紅の拳銃

 

 紅の拳銃

 拳銃無頼帖 抜き射ちの竜

 霧笛が俺を呼んでいる

 

 拳銃無頼帖 電光石火の男

 俺の血が騒ぐ

 錆びた鎖

   男の怒りをぶちまけろ  拳銃無頼帖 不敵に笑う男  
 

赤木圭一郎の遺作にして日活アクションの傑作。

昭和36年2月不慮の事故によって夭折したトニーこと赤木圭一郎。その死の直前に公開された『紅の拳銃』は、折からのガン・ブームを受けての銃のマニアックな知識、意外な展開のクライマックス、そして魅力的な悪役たち、娯楽映画のエッセンスに満ちている。冒頭、垂水悟郎の「日本では殺し屋なんて存在しない」という日活アクションの自己否定的なセリフから始まり、存在しない筈の「殺し屋」が育成されていく前半のプロセス。盲目の少女・笹森礼子とのロマンス。小沢昭一、草薙幸二郎など次々と現れる悪役。極め付きは藤村有弘の香港からやってきた殺し屋。日活アクションならではのファンタジックな世界が繰り広げられる。本作の赤木圭一郎は本当に魅力的で、その死が惜しまれてならない。(佐藤利明:娯楽映画研究)

■作品情報
 *昭和36年作品
 * 監督:牛原陽一
 * 脚本:松浦健郎
 * 出演:赤木圭一郎/笹森礼子/白木マリ/垂水悟郎

■DVD情報

 * DVN-42/カラー/87分/シネマスコープ
   /ドルビーデジタル・モノラル/¥3,990(税込)

《 特典映像》
 * 作品データ
 * フォト・ギャラリー
 * 予告篇
ステッカー(初回限定)

 

若くして夭折した伝説のスター、赤木圭一郎唯一の主演シリーズ第一作。

トニー・カーチスの容貌に似ていたためにつけられた愛称「トニー」の通りロマネスク溢れる風貌。影のある表情で、石原裕次郎・小林旭に次ぐ、日活「第三の男」となった赤木圭一郎の魅力満載の娯楽活劇。主人公はルガー・オートマチックを片手に、狙った相手の利き腕を瞬時に射ぬいてしまう「抜き射ちの竜」。何といっても好敵手・コルトの銀を演じた宍戸錠が素晴らしい。キザな銀と竜のセリフの応酬は、日活アクションの魅力でもある。浅丘ルリ子が、竜に淡い恋心を抱くヒロインを好演。西村晃の中国人ボス、殺し屋にしてコックの藤村有弘など、日活アクション黄金期を支えたバイプレイヤーたちの共演も楽しい。
(佐藤利明:娯楽映画研究)

■作品情報
 *昭和35年作品
 * 監督:野口博志
 * 脚本:山崎 巌
 * 出演:赤木圭一郎/浅丘ルリ子/宍戸錠/西村晃■DVD情報

■DVD情報
 * DVN−41/カラー/86分/シネマスコープ
  /ドルビーデジタル・モノラル/¥3,990(税込)

《 特典映像》
 * 作品データ
 * フォト・ギャラリー
 * 予告篇

 

 

トニーこと赤木圭一郎の最高作の一本。

霧にむせぶ港町横浜を舞台に、不慮の死をとげた親友の謎を探る男・赤木圭一郎と、親友の恋人・芦川いづみとの淡いロマンスを絡めたミステリー・ロマン。日活アクションのキーワードでもある「霧笛」「夜霧」「港町」をちりばめ、赤木圭一郎の風貌にある「孤独な影」や「ロマンチシズム」のイメージをシナリオ化したのは、後の名匠・熊井啓。監督は小林旭の「流れ者」シリーズで叙情的活劇世界を作り上げた山崎徳次郎。名作『第三の男』にインスパイアされた物語、随所に流れる主題歌のメロディの叙情性、そして赤木圭一郎のセリフの良さ。ダイヤローグの魅力に溢れ、ロマンの香り高い日活アクションの代表作となった。(佐藤利明:娯楽映画研究)

■作品情報
 *昭和35年作品
 * 監督:山崎徳次郎
 * 脚本:熊井 啓
 * 出演:赤木圭一郎/芦川いづみ/葉山良二/吉永小百合

■DVD情報

 *DVN-40/カラー/80分/シネマスコープ/ドルビーデジタル・モノラル
  /¥3,990(税込)

《 特典映像》
 * 作品データ
 * 予告篇テッカー(初回限定)

 

トニー人気を不動のものにした“拳銃無頼帖”シリーズ第2弾!

日活ダイヤモンドライン第3の男、赤木圭一郎。今回の舞台は三重県四日市。3年前、組織の身代りで刑務所に入った丈二(赤木)が古巣に戻ってくる。シリーズのレギュラーで好敵手を演じ続けた宍戸錠との不思議な友情。トニーが歌う「夕日と拳銃」「野郎泣くねぇ!!」も魅力。そして、ヒロイン、浅丘ルリ子の美しさ。日活アクションが最も充実していた1960年という年だけに、これが日活デビューの可憐な吉永小百合を始め、お馴染みの俳優たちも生き生きとしている。様々なガンアクションが楽しめる娯楽作品!(佐藤利明・娯楽映画研究)

■作品情報
 *昭和35年作品
 * 監督:山崎徳次郎
 * 脚本:熊井 啓
 * 出演:赤木圭一郎/芦川いづみ/葉山良二/吉永小百合

■DVD情報
 * 高画質デジタルニューマスター仕様
 * DVN-40/カラー/80分/シネマスコープ
  /ドルビーデジタル・モノラル/¥3,990(税込)

《 特典映像》
 * 作品データ
 * 予告篇

 

吼えろ荒波、男の怒り!唸れ突風、マストに高く!伝説の男・赤木圭一郎の斗魂!

船長だった父が何者かに殺され復讐を決意する赤木。手掛かりをつかむ為組織と接触し、そして運命の航海へと旅立つ…。吠えろ荒波、男の怒り!唸れ突風、マストに高く!いずれ劣らぬ殺しの名手たちを相手にどう立ち向かうのか!?見よ、これが熱血児赤木圭一郎の斗魂だ。山崎徳次郎監督のミステリアスな演出が光る秀作!

■作品情報
 *昭和36年作品
 * 監督:山崎徳次郎
 * 脚本:池田一朗/長谷部安春/加藤新二
 * 出演:赤木圭一郎/葉山良二/笹森礼子/南田洋子

■DVD情報
 * 高画質デジタルニューマスター仕様
 * DVN−64/カラー/86分/シネマスコープ
  /ドルビーデジタル・モノラル/¥3,990(税込)


《 特典映像》
 *オーデイオコメンタリ−(南田洋子×山崎徳次郎監督)
 * 作品情報
 * 予告篇
 * 秘蔵資料
 * 撮影スナップ
 * フォトギャラリー

 

赤木圭一郎のもうひとつの魅力!
赤木のナイーブさが最も良く出た傑作!

21歳の若さで夭折した伝説のスター、トニーこと赤木圭一郎。その墓石に刻まれているのがこの『錆びた鎖』の主題化「若さがいっぱい」。
和製ジェームス・ディーンとして、「渡り鳥」シリーズの斉藤武市監督が、赤木のために企画した青春アクション。港町横浜で港湾労働者と元気いっぱいに働く主人公・赤木。焼酎をあおり、豪快に笑う、その屈託のないキャラクターが魅力。港湾労働者の元締めだった社長である父・小沢栄太郎の死をめぐる謎、後継者となった兄・小高雄二の苦悩。赤木に惚れ込んだという斉藤監督によるサスペンスフルなドラマ運びが秀逸。出生の秘密に悩み、青春の怒りをぶつける赤木のフレッシュな演技が見もの。アクションスターとは一味違う、もうひとつの赤木圭一郎。赤木を語る上ではずせない名作、それが「錆びた鎖」(佐藤利明:娯楽映画研究)

■作品情報
昭和35年作品
* 監督:斎藤武市
* 脚本:秋元隆太
* 出演:赤木圭一郎/小高雄二/小沢栄太郎/笹森礼子

■DVD情報
* 高画質デジタルニューマスター仕様
* DVN−58/カラー/95分/シネマスコープ
 /ドルビーデジタル・モノラル/¥3,990(税込)

《 特典映像》
 * フォトギャラリー
 * 秘蔵撮影スナップ
 * 劇場用予告篇
 * 主題歌・挿入歌デジタル収録
 * 監督撮り下しインタビュー 〜赤木圭一郎の可能性や事故の話など、
   監督の愛情溢れるお話の数々。

 

殺るか殺られるか!炸裂するパンチ・パンチ・パンチ!
伝説の男・赤木圭一郎のバイオレンスアクション!
数億円のダイヤをめぐるヤクザ組織の抗争に熱血新聞記者の赤木が巻き込まれていく。赤木の意表をつくハイジャックシーンから始まるスピーディな展開とバイオレンス感覚に富んだ松尾監督の演出が冴える。また、西村晃をはじめとするまさに日活ギャング映画の見本市とも言える豪華な顔触れも魅力の一品。


■作品情報
 *昭和35年作品
 * 監督:松尾昭典
 * 脚本:竹森龍馬/中西隆三
 * 主演:赤木圭一郎/浅丘ルリ子/二谷英明/金子信雄/西村 晃/藤村有弘

■DVD情報

 * DVN−65/カラー/81分/シネマスコープ/ドルビーデジタル・モノラル/¥3,990(税込)
《高画質デジタルニューマスター仕様》

《 特典映像》
 * オーデイオコメンタリ−(松尾昭典監督)
 * 作品情報
 * 予告篇
 * ロビーカード
 * 撮影スナップ
 * フォトギャラリー

 

伝説の男・赤木圭一郎スタイリッシュアクション!拳銃無頼帖シリーズ第3弾。

殺さぬ殺し屋と異名をとる早射ちの竜は、3年前浜崎組長を射ち刑務所へ。
それから流れるように過ぎた歳月。金沢へと戻ってきた彼は恋人ユリの不可解な死を知る。
陰謀と凶弾の渦巻く暗黒街を舞台に赤木圭一郎とライバル宍戸錠の拳銃捌きが冴える。星が走るか、稲妻が飛ぶか!若干15歳の吉永小百合も超キュート。これぞエンターテイメント映画。

■作品情報
 *昭和35年作品
 * 監督:野口博志
 * 脚本:山崎 巌
 * 出演:赤木圭一郎/宍戸 錠/笹森礼子/吉永小百合/青山恭二

■DVD情報
 * DVN−63/カラー/84分/シネマスコープ/ドルビーデジタル・モノラル
  /¥3,990(税込)
《高画質デジタルニューマスター仕様》
 
《 特典映像》
 * オーデイオコメンタリ−(宍戸 錠)
 * 作品情報
 * 予告篇
 * 「拳銃無頼帖」シリーズ研究
 * 撮影スナップ
 * フォトギャラリー
 * ロビーカード

Copyright (C) 2002-2008 Nikkatsu Corporation All Rights Reserved