Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /mnt/data01/nkhp/service/contents/public_html/bakumatsu/news/wp-settings.php on line 512

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /mnt/data01/nkhp/service/contents/public_html/bakumatsu/news/wp-settings.php on line 527

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /mnt/data01/nkhp/service/contents/public_html/bakumatsu/news/wp-settings.php on line 534

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /mnt/data01/nkhp/service/contents/public_html/bakumatsu/news/wp-settings.php on line 570

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /mnt/data01/nkhp/service/contents/public_html/bakumatsu/news/wp-includes/cache.php on line 103

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /mnt/data01/nkhp/service/contents/public_html/bakumatsu/news/wp-includes/query.php on line 61

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /mnt/data01/nkhp/service/contents/public_html/bakumatsu/news/wp-includes/theme.php on line 1109
映画「幕末太陽傳」 » CAST

映画「幕末太陽傳」

CAST

2011/09/17 22:05 up!

居残り佐平次:フランキー堺
1929年2月13日-1996年6月10日。享年67歳。本作で1957年ブルーリボン賞主演男優賞受賞。
慶應義塾大学在学中に進駐軍のキャンプでジャズ・ドラマーとして演奏を始め、54年にフランキー堺とシティ・スリッカーズを結成する。

女郎こはる:南田洋子
1933年3月1日-2009年10月21日。享年76歳。
文化学院卒業後の1951年、大映に入社。53年に若尾文子とダブル主演を務めた『十代の性典』(島耕二監督)が後にシリーズ化されるほどのヒットを博し、脚光を浴びる。

女郎おそめ:左幸子
1930年6月29日-2001年11月7日。享年71歳。
東京女子体育専門学校(現・東京女子体育大学)卒業後、俳優座で演技を学ぶ。1952年に野村浩将監督作品『若き日のあやまち』の主演でスクリーンデビューを果たす。

高杉晋作:石原裕次郎
1934年12月28日-1987年7月17日。享年52歳。
1956年、兄である石原慎太郎原作で芥川賞を受賞した古川卓巳監督による「太陽の季節」の映画化に脇役として出演しスクリーンデビュー。慶應義塾大学を中退して日活に入社し、『狂った果実』(56/中平康監督)で初主演を務め、瞬く間に銀幕の大スターとなる。

女中おひさ:芦川いづみ
1935年10月6日、東京都生まれ。
1952年に松竹歌劇団付属松竹音楽舞踊学校に入学する。翌53年に、当時松竹に在籍していた川島雄三監督に認められ、『東京マダムと大阪夫人』でスクリーンデビューを果たす。

相模屋楼主伝兵衛:金子信雄
1923年3月27日-1995年1月20日。享年61歳。
1943年に文学座所属俳優として芸能界に入るも、52年に退団。木村功らと青年俳優クラブを結成し、黒澤明監督の『生きる』(52)でスクリーンデビューを果たす。

若衆喜助:岡田真澄
1935年9月22日-2006年5月29日。享年70歳。
第二次世界大戦後、日活にニューフェイスとして入社。1955年に『初恋カナリヤ娘』(吉村廉監督)でスクリーンデビューする。

大工長兵衛:植村謙二郎
1914年1月3日-1979年4月3日。享年65歳。
1932年に日本俳優学校に二期生として入学、尾上菊五郎のもとで下積み時代を送り新興キネマに入所する。38年、『亜細亜の娘』(田中重雄監督)でスクリーンデビューを果たし、新興キネマが大日本映画に合併される42年までの間に多数の作品に出演した。

鬼島又兵衛:河野秋武
1911年10月8日-1978年3月17日。享年66歳。
1931年に前進座のプロレタリア演劇研究所に入所、第二次世界大戦を挟んで『戦国群盗伝 前篇 虎狼』(37/滝沢英輔監督)でスクリーンデビューを果たす。

志道聞多:二谷英明
1930年1月28日、京都府生まれ。
1954年、ラジオ佐世保開局と同時に入社、司会やアナウンサーを務めたのち、56年に第3期ニューフェイスとして日活に入る。

気病みの新公:西村晃
1923年1月25日-1997年4月15日。亨年74歳。
第二次世界大戦に東京芸術座の第一期生となり、1952年に山本薩夫監督作品『真空地帯』でスクリーンデビュー。

久坂玄瑞:小林旭
1938年11月3日、東京都生まれ。
1955年に第3期日活ニューフェイスに合格し入社、翌56年に川島雄三監督作品『飢える魂』でスクリーンデビューを飾る。

貸本屋金造:小沢昭一
1929年4月6日、東京都生まれ。
早稲田大学在学中に俳優座養成所へ入所、1951年に俳優座公演で初舞台を踏む。以後、新劇、映画、TV、ラジオと幅広く活躍し、59年『にあんちゃん』(今村昌平監督)で受賞したブルーリボン賞助演男優賞をはじめ、数々の演技賞を獲得する。

息子徳三郎:梅野泰靖
1933年7月14日、東京都生まれ。
新児童劇団を経て、1951年に民藝少年劇の「山びこ学校」で主役に抜擢されデビューを飾る。明治大学卒業後の54年に劇団民藝に入団。

やり手おくま:菅井きん
1926年2月28日、東京都生まれ。
劇団俳優座に入団し舞台で活躍を始めたころ、映画女優としてスカウトされ、1952年に黒澤明監督の『生きる』でスクリーンデビューする。

伝兵衛女房お辰:山岡久乃
1926年8月27日-1999年2月15日。亨年72歳。
1942年に宝塚歌劇団に入団するも、第二次世界大戦を機に44年に退団。終戦後、俳優座養成所で演技の勉強をやり直し、同年「文化議員」で初舞台を踏む。

仏壇屋倉造:殿山泰司
1915年10月17日-1989年4月30日。亨年73歳。
1936年に新築地劇団に入団。39年に千葉泰樹監督作品『空想部落』でスクリーンデビューを飾る。42年に興亜映画に入所し、第二次世界大戦をはさんだのち『森の石松』(49)などの吉村公三郎監督作品に参加し、50年に吉村公三郎監督が設立した近代映画協会に創立メンバーとして参加する。その後、様々なジャンルの映画に出演し名バイプレイヤーとしての地位を確立した。

杢兵衛大盡:市村俊幸
1920年12月20日-1983年8月9日。亨年62歳。
1938年、日劇ダンシングチームに入団。第二次世界大戦後の46年より南里文雄とホットペッパーズでピアニストを務める。51年に原千秋監督作品『花嫁蚤と戯むる』でスクリーンデビューを果たし、翌52年に出演した黒澤明監督の『生きる』でピアニストを演じ注目を集める。