100周年関連イベント

8/12~10/21
企画展「日活100年と映画のまち調布」
@調布市郷土博物館


8月12日(日)~10月21日(日)、日活が撮影所を置く東京都・調布市の郷土博物館で企画展が行われます。

日活が初めて調布に多摩川撮影所を開設したのは昭和9(1934)年。
戦後には、染地に今の日活調布撮影所の前身である日活撮影所を建設。
多摩川河畔に花咲いた映画文化は、「東洋のハリウッド」と呼ばれ、多くの作品を世に送りだしてきました。

調布には、他にも映画関連の企業や施設が多く、映画文化とともに歴史を刻んできました。

今回は日活所有の資料のほか、市の収蔵品、収集家の方から提供された資料など約三百点を公開。

昭和三十年代の米国製35ミリカメラや照明・録音機材、台本、劇場ののぼりをはじめ、
吉永小百合さん、石原裕次郎さん、小林旭さんら日活青春スターのブロマイドやチケット半券など、
貴重な資料が展示されています。

ぜひ足をお運びください。

 *****

企画展「日活100年と映画のまち調布」 期間:8月12日(日)~10月21日(日)
会場:調布市郷土博物館
料金:無料








Check

TOPへ