NEWS

「日活100周年邦画クラシックス」8月リリース情報

2012.05.25

日活100年のご愛顧に感謝し、とっておきの100作品を続々リリースする「日活100周年邦画クラシックス」
 8月は、『おくりびと』(2008年)で数々の映画賞をに輝いた滝田洋二郎監督が、女性の心理を男女の青春群像を織り交ぜながら描いた青春ドラマ『愛しのハーフ・ムーン』ほか全5作品を「70’S&80’S青春群像セレクション」としてリリース。


『愛しのハーフ・ムーン』(1987年)
ドルビーデジタル・モノラル/本編約85分
価格:3,990円(税込)
〝恋〟以上〝愛〟未満だからハーフ・ムーン。




【その他のリリース作品】
みんなあげちゃう♡』(1985年)
ドルビーデジタル・モノラル/本編約90分 価格:3,990円(税込)

●HOW TO LOVE教えます!美少女・悠乃&六郎の青春ラヴ・ストーリー!!
 明るくおおらか、キュートでチャーミングな美少女・悠乃は、大富豪のあととり娘。SEXに対する好奇心、憧れが人一倍強い悠乃はある日予備校生の六郎と出会い、胸キュンとなる。初体験を経て、純愛一直線の二人のマンガチックなHOW TO LOVEを爽やかに描いた青春ラヴ・コメディ。原作は集英社「週刊ヤングジャンプ」連載の弓月光の同名コミックで中高生から若いサラリーマンまで絶大な支持を得る。ヒロイン悠乃役は、オーディションで選ばれた浅野なつみ。監督は『DEATH NOTE デスノート』(2006年)の金子修介。



サチコの幸』(1976年)
ドルビーデジタル・モノラル/本編約87分 価格:3,990円(税込)

●幸せうすいことさえ知らず、君は無邪気な笑顔をみせて・・・
 いいえ今にきっといいことがある・・・
「あんな娘がいいな。お嫁さんにいいな」と若者たちが憧れるサチコ。それは新宿二丁目の天使─。「同棲時代」の上村一夫原作「サチコの幸」(双葉社刊)は、焼け跡の新宿に咲いた一輪の花サチコの哀愁の青春を描いて若者たちの注目を浴びた。主演は三浦リカ。監督は抒情派の武田一成。



あばよダチ公』(1974年)
ドルビーデジタル・モノラル/本編約87分 価格:2,380円(税込)

●くたばれ青春!
 欲望に目をむき、現金にくらいつく野良犬4+1!
 女が欲しい!金も欲しい!!太陽にツバをかける野良犬集団!!欲望のおもむくまま若者たちのエネルギーが爆発。日活ワイルドアクション青春映画!若くしてこの世を去った松田優作の映画初主演作品。監督は日活ニューアクションの旗手・澤田幸弘。



バージンブルース』(1974年)
 ドルビーデジタル・モノラル/本編約99分 価格:2,380円(税込)

●超キュートな秋吉久美子が魅力!
 野坂昭如のパワフルな主題歌が炸裂する70年代青春のテキストムービー!
 1974年映画女優として本格的なスタートを切ったティーン・エイジャー秋吉久美子が最も輝いたフィルムが、藤田敏八監督の『赤ちょうちん』『妹』『バージンブルース』“フォーク三部作”。野坂昭如による異色の昭和歌謡「バージンブルース」がモチーフ。



詳細は邦画クラシックス特設サイト




Check

「生きつづけるロマンポルノ」上映劇場続々決定!

2012.05.15

5月12日(土)よりユーロスペースで公開している「生きつづけるロマンポルノ」
東京以外の上映劇場が続々決まってきていますので、お知らせいたします!


■東京
 5/12~6/1 ユーロスペース

■愛知
 6/23~7/8 名古屋ピカデリー

■大阪
 7/28~8/10 テアトル梅田

■京都
 順次公開 京都みなみ会館

■広島
 順次公開 広島サロンシネマ

■福岡
 8/11~8/24 KBCシネマ

■大分
 順次公開 シネマ5

■沖縄
 順次公開 桜坂劇場


作品はユーロスペースで公開された中から、各劇場絞って上映されます。ご了承ください。
また、劇場情報は公式フェイスブックページで順次更新していきますので、こちらもぜひチェックしてみてください。
http://www.facebook.com/100RP


これを機に、全国の皆さまに日活ロマンポルノの魅力をお届けしたいと思います!







Check

TOPへ