NEWS

『幕末太陽傳』 コミック化決定!!

2011.11.24

「後の100年まで残したい1本」 としてデジタル修復し、12/23(金・祝)の公開が待たれる 『幕末太陽傳 デジタル修復版』 ですが、この度 「コミック版 幕末太陽傳」 が発売されることが決定いたしました!

漫画 : 松坂ユタカ
構成 : 安宅十也
発売予定日 : 2011年12月16日(金)
定価 : 1,300円(税込)
判型・総ページ数 : A5判 / 272ページ
発行 : ホーム社
発売 : 集英社

超人気漫画 「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」 の作者・和月伸宏氏から大絶賛応援コメントを頂きました!
「口八丁で生き抜け 佐平次! 時代の夜明けはすぐそこだ!!」

◎ 「コミック版 幕末太陽傳」 イメージ

※掲載画像は実際の商品と異なる場合があります

映画 『幕末太陽傳 デジタル修復版』 公式HPはこちら からどうぞ!



Check

日活創立100周年記念特別上映作品『幕末太陽傳 デジタル修復版』英語字幕版上映決定!【終了】

2011.11.18

2012年に100周年を迎える日本最古の映画会社・日活が、「後の100年まで残したい1本」 としてデジタル修復し、新たに完成させた日活創立100周年記念特別上映作品 『幕末太陽傳 デジタル修復版』 (12/23(金・祝)公開) の英語字幕版上映が行われることが決定いたしました!

10月1日より開催されたN.Y.映画祭では “Velvet Bullets and Steel Kisses: Celebrating the Nikkatsu Centennia” (ベルベットの銃弾、鋼のキス:日活100周年を祝して) と題された37作品にも及ぶ大々的な特集上映が行われ、本作は長谷部安春監督の 『縄張(シマ)はもらった』 とともに同特集のオープニングを飾り、「もう一度観たい!」 という声も上がるほどの盛況振り!
この特集上映は今後、ナント三大陸映画祭、シネマテーク・フランセーズと世界を巡回し、来年夏に日本に凱旋帰国する予定です。

また、本年度のTOKYO FILMeX (11/19~27) では 「限定!川島パラダイス♪」 と題された 『幕末太陽傳』 以前の川島雄三監督特集が、英語字幕付ニュープリントで上映されます。(「限定!川島パラダイス♪」 トークイベントの模様はこちら

そこで、本作も言葉の壁に捉われることなく多くの方々に見て頂きたく、限定で英語字幕版の上映を行うことといたしました。

『幕末太陽傳 デジタル修復版』 英語字幕版上映概要
英語タイトル 「The Sun in the Last Days of the Shogunate」
実施劇場 : テアトル新宿
上映日時 : 毎週金曜日最終回(18:30)

『幕末太陽傳 デジタル修復版』公式HPはこちら からどうぞ!

幕末太陽傳 デジタル修復版
©日活

ここでしか観ることができない、豪華キャストの競演! 半世紀の時を超えて、銀幕に甦る!!
時は幕末、文久2(1862)年。品川の地に北の吉原と並び称される岡場所があった。相模屋という遊郭へわらじを脱いだ主人公の佐平次は、勘定を気にする仲間三人を尻目に、呑めや歌えの大尽騒ぎ。実はこの男、懐に一銭も持ち合わせていないのだが・・・。”居残り”と称して、相模屋で働くことにした佐平次は八面六臂(はちめんろっぴ)の大活躍!巻き起こる騒動を片っ端から片付けてゆく。自らの身に起こった困難をものともせず、滞在中の高杉晋作らとも交友を結び、乱世を軽やかに渡り歩くのだった。

TOPへ